既にイギリスの14エリア(2022年時点)で白人が少数派であり、ロンドンなど大都市では白人の脱出 white flight が起きているとの噂も。ちなみに、移民が多く白人の出生率が低い他の欧州諸国も同じことを危惧し始めており、反移民派の保守政党が急伸。これまでに「移民」タグで取り上げてきた性犯罪やナイフ犯罪の急増現地人差別文化的衝突の問題などに加え、諸国民が(日本に住んでいるとおそらく全く想像できないレベルの)ガチのマジでヤバイ住宅危機に喘ぐ中、野放図な移民受入れへの反感や危機感をはっきり口にするのは、もはや保守派だけではなくなっています最近の過去記事 オランダの場合

    ↓わたしの推しコメディアンの一人トム・ウォーカーの最近の動画。彼はGuardianとか読んでる系の中道左派だと思いますが、やはりガバッガバの移民政策や不法移民問題のほったらかし/悪用が国民の利益を損なってきたとして、労働党も保守党も猛批判。この論調はメインストリームメディア以外では普通にメインストリーム。

    vq5kde6vb2aa1_jpg
    クリックで拡大。2020年の時点で出生数に非白人が占めた割合。
    西~北欧でも積極的に締め付けを行ってきた国々はやはり数字が小さめ。


    以下、イギリスと諸外国の人々の反応。同国はじめ世界的な少子化の文化的・経済的理由の議論に加え、実際イングランドの都市部などに住んでこの現象を目撃している人々の話も多数含まれます。「カネだけ注ぎ込むんじゃなくて、家庭や子育てに対する文化的態度の変革が不可欠」「この話題になるとすぐに年寄り叩きが始まるが、敵視すべきはそこじゃない」というのも良い指摘。

    広告

    heart-b ロンドン うちの娘達の学校ではとっくにイギリス人がマイノリティになってる。一番下の子のクラスは30人で、ポーランド人の子が1人いるけどあとは全員非白人。うちの子はまだ5歳なのに、既に同級生から異端視され疎外されているみたいで、すごく心配している。

    heart-b ブラックバーン 小学生の娘はクラスで唯一の白人。息子も同じ学校に行ったけど、弁当箱にハムサンドウィッチが入っていたからといっていじめられた。

    ハム=豚肉=ムスリムの禁忌。ヨーロッパの多くの国では中東・アフリカ系のムスリムが最多のマイノリティ。

    heart-b ロンドン 「今は若者の価値観が変わったから」とか、少子化が若者のせいにされるの本当にムカつく。本当は結婚したいし子供も欲しいけど、金もなければ家もない、生活費に家賃に奨学金の返済で、自分一人でも青息吐息って人がほとんどだと思う。

    heart-b ノリッチ 「子供を持つ余裕がないのなら生むな」と説教されるけど、イギリスの社会人の85%は貧乏すぎて子供を持つ余裕なんかないという現実

    heart-b イングランド 過去20年間の考えなしの大量移民政策を考えれば驚くに当たらない。今すぐ何かを変えないとこの国は終わる。
    • heart-w イングランド もう終わってるから心配ない。投票してももう逃げられない。行動する前なら40年前にしているべきだった。

    heart-b イングランド これもう第二次大戦負けてるじゃん

    heart-b イングランド 戦わずして滅びた国

    heart-b イギリス こんな風に自滅するバカな国、他にある?

    heart-b イギリス レイシストどもはこの状況を見ながら「お前らは邪悪な民族だから滅びればよい」と手を叩いている。

    heart-b デヴォン イギリスとスウェーデンと、どっちが先に沈むか競争だね!

    heart-b アメリカ アメリカ、カナダ、ニュージーランドでも2050年までに白人が少数派になる

    heart-b EU イギリス人じゃないけど、職場の14人のチームは全員25歳から45歳で、うち既婚子持ちは1人だけ。ヨーロッパはマジで終わった

    heart-b イングランド イギリスも欧州も軟弱になりすぎた。終わりだよ

    heart-b エディンバラ 西洋はもはや蜃気楼に過ぎない。

    heart-b リバプール イーノック・パウエルが予言した通り、いやそれ以上にひどいことになっている。早くこの国から、いやヨーロッパから逃げないとヤバい。自分の周りでも、もう脱出の準備をしている奴が何人もいる。

    ※英国の大量移民受入政策に警鐘を鳴らした「血の河の演説」のおじさん。当ブログに拙訳あり。
    heart-b イングランド 白人に子供をもっと産んでほしいのなら、住宅費をバカみたいにぶち上げ続けず、緊縮緊縮で国民を苦しめず、保育料や住宅をもっと手頃にしないと無理ですよバーカ
    • heart-b アイルランド そんなことして国民の賃金を上げるより、途上国から奴隷を輸入して二束三文で使い捨てた方がいいと経営者連中が考えるので、それがそのまま政治に反映される。で、移民のお陰で都市部の住宅がますます希少に高価になり、子供の貧困も治安も悪化している。子育てや住宅がもっと安くならないものかね。

    • heart-w EU 経済よりも大きな問題は、反家庭的な文化だよ。メディアや活動家やSNSの不幸な人々が、若者にせっせと「子供なんか生むな。労働と消費こそ幸福だ。家族なんて無価値だ」と教え込んでいる。フィクションも反結婚、反家庭的なものばかり。もはや西洋には、家族というユニットを尊重する文化が残っていない。
      • heart-b 企業としてはそう教え込むよね。独身者は出産育児や子供の病気を理由に休んだりしないから奴隷として都合がいいし、金遣いも荒いものね。

      • heart-b 実は最高所得層でも子供の数が多い。なぜかというと、このレベルになれば子供を生み育てながら好きな暮らしができ、何も犠牲にする必要がないから。こう考えると、「高学歴の人は賢いから子供を生まない」「子供が減ったのは経済がクソなせいではなく、文化的価値観のせいだ」だけで現状を説明するのは無理があるようにも思える。

    • heart-b アメリカ でも、欧州諸国では既にこのような取り組みを行っているのに、それでも出生率は下がり続けているよね? 未だにしっかり出生率が高いのは往々にして貧困層だけだし。

      経済的な側面ばかりを見ていると、少子化の社会的/文化的な原因を見逃してしまう。少子化のフィードバックループの一つは、子供の世話に貢献できる大家族のメンバーが減ることだよ。兄姉の減少、いとこの減少、叔父・叔母の減少など。
      • heart-b EU 最も手厚い育児給付金でさえ、実際にかかる費用のほんの一部しかカバーしていない。貧困層ほど出生率が高いのは、単に彼らは失うものが少ないから。

        でも、少子化が単に経済的な問題ではなく、社会的な問題でもあるという点はあなたの言う通り。結局のところ問題は、子を持っても共働きすることを期待されるだけでなく、平均的な家庭は貧乏暮らしが好きでない限り共働きせねばならないということ。

        今度、巨大企業が記録的な利益を上げているという記事を読んだら、このことを考えてみてほしい。
        搾取され疲弊する現代女性に関する関連過去記事。タイトル忘れたけどイギリスの働く女性の素直な愚痴も結構前に取り上げてます。

        • heart-w オーストリア 的を射た回答だと思う。少子化の原因は、両親ともにフルタイムで働かねばならないこと、そして単に子供を持つことを考える時間がないこと。

        • heart-w 女性を労働力にすることは、商人が仕掛けた最大のトリックだった。彼らは労働力を倍増させ、賃金を抑えて大儲けするようになった。それまでは、男性は単純な工場労働で家族を養うことができた。

      • heart-b インド その通り。フランスは子供を持つことに大きなインセンティブを導入しているが、それでも出生率は過去10年間で2.0から1.8に下がっている。

        一方、同様の政策を取るイスラエルは、一人当たりGDPが50,000ドルの先進国であるにもかかわらず、出生率は3.0だ。

        結局のところ、これは文化の問題だと思う。イスラエルでは、家族やコミュニティは非常に重要な組織であるとみなされており、宗教は無神論者の間ですら、暮らしにおいて今も積極的な役割を果たしている。
        日本にも同じ文化的な問題があると思いますが、一方で子供何人も欲しいけど費用が理由で産み控えてる人も多いらしいので、間もなく始まるという「子供3人目から大学無償化」とか「児童手当の拡充&所得制限撤廃」、2026年からの「出産の公的保険適用・無償化」とかかなりいいのでは。

        イスラエルの多産文化について「イスラエル」で検索すると過去記事が出てくると思います。子供や家族・地域社会・国家といった社会的ユニットへの貢献を幸福と考える文化が、「自分のためだけに生きるのが幸せ」系の文化より多産なのは当然の話。
        • heart-w 出生率が下がったからって、インセンティブが無意味だということではない。これは複雑な文化的な問題であって、経済的なインセンティブは国家が干渉する最も簡単な方法に過ぎない。
          • heart-b インド それには同感。インセンティブも大事ではあると思うけど、本当に効果を発揮するには、家庭や育児を尊重する文化と組み合わせなければならない。

    • heart-w イギリスなんて小さな島で、住宅価格をコントロールしろというのは現実問題難しいよ
      • heart-b オーストラリア 笑ってしまった。私の国なんか土地がアホみたいに余ってるのに、住宅はやっぱりバカみたいに高いよ

    • heart-w もし本当に金だけが問題なら、イギリスに移住してきたばかりのソマリア人の出生率が、生粋のイギリス人よりずっと高いのはなぜだと思う? イギリス人全体の出生率は女性1人当たり1.6人だが、イギリスに住むソマリア人は女性1人当たり4.19人も生んでいる。アフガニスタン人は4.25人だ。

      現代のイギリス人は子供を持つことをあまり重視しないという、文化や価値観の違いによるところが大きいのでは?

      出典:https://www.express.co.uk/news/uk/598783/Immigration-increasing-British-family-size-official-figures
      • heart-b これ。北欧なんかイギリスよりチャイルドケアにはるかに多くの金を注ぎ込んでいるのに、イギリスよりさらに出生率が低い。問題は経済というよりも文化だよ。
        • heart-w EU いくら金だけ注ぎ込んでも意味がない。30代以上の多くの人々が「20代の頃と同じように苦労なく楽しく遊び暮らしたい。子供はその邪魔でしかない」と考えるようになっている。このメンタリティが変わらない限りは何も変わらない。さらには、メディアやネットがわざとかと思うレベルで「子供なんか産まないほうがいい」とお念仏を唱え続けてるのも悪影響。

      • heart-w 経済的でも文化的でもある。ソマリア人やアフガニスタン人はもっと劣悪な生活環境ですらバカスカ子供を産んでいる。
        • heart-b 中道 しかし、メディアやネット民は延々と「経済が原因だ」と主張する。

          笑えることに、このような連中の大半は大量移民の受け入れにも賛成しているにもかかわらず、うなぎ上りの住宅価格と、2019年以降、住宅を必要とする移民を250万人増やすという政府の選択との間に何の関係もないと考えている。
    heart-b イギリス人には購買の余裕がない。まともな人たちは安定した家庭でなければ子供を作らない。

    週4日制も必要だ。女性が労働力に加わりだした頃に、とっくに実現すべきだった。
    • heart-w イングランド 週4日じゃ足りないんだよね。保育料は恐ろしく高いし。そりゃ公立校は無料だけど、それは9時30分から15時30分までだから、それ以外の時間はお金を払わなければならないし。1時間延長してもほとんど役に立たないし、それ以上になるともっとお金がかかるし。雇用の安定性も高いとは言えないし。

    • heart-b ノルウェー ヨーロッパで最も豊かな国でも、持ち家率が最も高い国でも、出生率がイギリスとほとんど変わらないという事実を見ると、住宅や経済はかなり取るに足らない要因のように思える。

      参考までに、英国の2020年の出生率は1.56で持ち家率は63%、スロベニアの2020年の出生率は1.6で持ち家率は92%だった。英国やスロベニアよりもかなり裕福なノルウェーの出生率は1.48だった。

    • heart-w その資金はどこから出てくるの?

      なぜ韓国[2023年の合計特殊出生率は0.72]のように人口動態が悲惨な国では、政府が少子化対策に何十億も費やしても、少しも効果がないの?

      問題は文化的なもので、現代社会では長い間学生をやりたがり、家庭を持つ前に複数の恋愛をしたがり、充実した仕事、素敵な休日、素敵なものを手に入れたがり、働きすぎを好まず、休暇を楽しみ、優先し、非生産的になりつつあり、結婚を好まない傾向にあり、子供への献身が希薄になりつつあり、家族、安定、何事への献身よりも多様性、興味、変化を優先するようになっている。

      ここに価値判断はない。社会は変化し、出生率の低下につながる方向に変化しているというだけだよ。

      そしてもちろん政府は、人口減少に伴う税収減を補うために移民を受け入れるだろう。
      • heart-b スペイン 若者も好きでこういう生き方を選んでるわけじゃない。「よい仕事」に就くには大卒の学歴が必要というこの学歴社会では他に選択肢はなく、自由恋愛社会ではよいパートナーを見つけることも昔より難しくなっている。あなたが挙げているその他の点についても、「家庭を持つことを考え始める前に、両親と同じ生活レベルを手にしておきたい」という安定志向で説明できる。しかし、「我が家」となる安全な住まい(不動産)を持つことさえできないのでは、次のステップに進むことはできない。

        率直に言って、あなたのコメントは現実の若者が置かれている状況に対して、少し冷淡すぎると思う。

        • heart-w ほとんどの仕事は、実際には学位や教育年数なんか必要じゃないのに、それでも採用されるための証明書として要求される。パートナーを見つけることが難しいとは思わない。現代は選択肢が多すぎるんだよ。マッチングアプリとか。
    heart-b 少子化を解決したいのなら、次のことから始めるべき。

    ・若者が働きたい場所の近くに、手頃な価格の住宅をじゃんじゃん建設する。

    ・若い夫婦が子供を生んでも、収入を文字通り丸ごと養育費として失わないように支援する。

    ・子育てと子供を大切にする。若者に、暗黙的・明示的に「子供なんか足手まといだ」と教えるのをやめ、「子供は宝だ」と心から教える。

    ・親、特に母親を尊重し、子育ての社会における役割を評価し、それが非常に尊重されていることを伝える。
    • heart-w 最も重要なことは、国民に「未来は明るい」という安心を与えることだよ。
      • heart-b それもとても重要。特に2008年以降、イギリスは消費主義と結びついた虚無的な絶望の文化に陥っている。セックスをしながら妊娠を避けることができる社会で親になるには、楽観主義と、満足を先延ばしにする意欲の両方が必要になる。現在の文化は、その両方の対極にある。

    • heart-b 自分ならこれも加える。

      ・正社員の母親が出産した場合、給与の100%の給付金で有給休暇を与える。

      ・産休中の女性を解雇する企業に対する厳しい罰則。

      ・子供を育てたい同性カップルや、自然な方法で妊娠できない不妊症のノンケカップルのための代理出産の合法化と助成金。
    heart-b イギリス 私は27歳で、子供が欲しいと思っている。

    競争の激しい分野でSTEM入門レベルの仕事をするために、6万ポンドの学生ローンを背負うよう勧められた。競争の激しい仕事ということは、予想より低い給料を意味する。私の給与は、アパートの主人の新しい「24ナンバー電気ベンツ」と年5回の休暇の費用のみに消えている。

    ついでながら、なぜ年寄りばっかりがこんなに優遇され、割引を受けているのか? テレビ視聴料、散髪、安い公共交通機関、家賃の補助……あいつらは金を持っていないのか?
    • heart-w スペイン お年寄りを叩くべきではない。

      すべての右翼
      [=小さな政府、緊縮派。右翼と保守とは別物]政治イデオロギーの手品は、苦労している人々に、彼らを苦しめているのは、さらに苦労している他のグループの人々だと信じ込ませることだ。銀行や電力会社やスーパーマーケット(あるいはその投資家)が、22年と23年の金利引き上げとインフレの間に国民から記録的な金額を吸い上げたが、これらの組織を敵視する代わりに、我々は「近所のヘアサロンで10ポンドの割引を受けている老婦人や、バスを利用し続けなければならない定年退職者が大幅な割引を受けているのが悪い」と考えるよう仕向けられている。美容院やバスで見かけるお年寄りは裕福な人々ではない。そして、あなたが親の若者時代より悪い生活を送っているのは彼らのせいではない。

      この状況を打開する唯一の方法は、緊縮派の手口に乗らないことだ。彼らはあなた方の友人ではない。彼らは一握りの超富裕層の味方であり、庶民の敵であることは何度となく示されてきた通りだ。
      a2e

    • heart-b フィンランド 実際、お年寄りだってお金がないんだよ。

      英国社会の頂点には、貧しい人々の50%を合わせたよりも多くの富を持つ一握りの男性達がいる。

      あなたの真の敵は彼らであって、つましく暮らし、割引券を使ってバスに乗っている年金受給者ではないよ。

    広告

    heart-b 私の周りの人達が子供を持てない理由:

    ・子供を持つ前に家を買いたいと思っているが、家は今や手の届かないものになっている。

    ・大学で勉強した人の多くは巨額の学生ローンを抱えており、長い間返済を続けねばならない。

    ・英国では育児があまりにも高すぎる。平均給与が2,000ポンド程度なのに、子供1人につき月1,000ポンド以上支払っている人を知っている。多くのEU諸国では保育料は無料なのに。

    ・ミレニアルとそれ以降の世代には年金の保証がない。

    一方、我が国の首相とそのお友達連中は、子供達の学費に年間約9万ポンドを投じ、住宅ローンなしで4,000万ポンドの家に住む余裕がある。おそらく自家用ジェット機を持ち、大規模な地主でもあるのだろう。この人々は私達にまったく関心を持たない。これほどの格差はヴィクトリア朝時代以来であり、日に日に悪化している。

    heart-b 白人の減少がなぜ問題なの? 俺の妻は黒人で、生まれたばかりの娘は混血だけど、それについて俺は怒るべきなの?
    • heart-w 中道 違うけど? 私も外国人と婚約しているし。それは私の選択であり、個人的なことだよ。

      だからといって他の国民に「イギリスの人口動態が大きく変化し、イギリス人主体の同質社会から多民族社会に移行しても、イギリス人の生活には何の影響もありませぇん」と大嘘を吐いて
      ガスライティングをする必要はない。

      民族の多様性が、民族グループ内も含めた社会的信頼の低下と関連することは、よく研究されている現象だよ。2019年に発表された87の研究のメタアナリシスには明確なポイントが書かれているので読んでみるといいよ。
    heart-b イギリスの将来の人口動態に関心を持つ人は、現在の割合に注目するのをやめて、若い世代に目を向ける必要がある。注目すべきは、移民人口の大半が生殖年齢以下であることだ。
    • heart-w 未来を垣間見たければ、広告やBBCの 「ニュース 」サイトなどを見てみればいい。我々白人は抹消されようとしている。連中は我々を過去のものとするため、歴史書さえ書き換え始めている。
    heart-b イーノック・パウエルの予測が当時キチガイ沙汰呼ばわりされたのが信じられない。何より鬱陶しいのが、この話を持ち出すたびに、典型的な「そんなことは起きていない、お前はレイシストの陰謀論者の差別主義者だぁ」とか「まあ実際に起きているかもしれないが、それは良いことだ、お前はレイシストの陰謀論者の差別主義者だぁ」とかガスライティングされること。
    • heart-w 中道 彼は当時、「バーミンガムの3分の1が非白人になるだろう」と予測していた。2021年現在、もう57%が非白人になっている。これがキチガイ沙汰の陰謀論とは?

    • heart-b 庶民の75%くらいはパウエルに共感していたんだよ。彼をキチガイ呼ばわりしたのは、自国第一で投票する人々を辱める活動家連中。今もそいつらのお陰で、みんな正直な意見を言うことを恐れるようになってしまっている。

    heart-b 西洋諸国が民主的に移民を減らすことはもはや許されなくなってしまった。

    これは「我々の民主主義」では許されず、抑圧的な言論統制法によって「ヘイトクライム」扱いされてしまう。これは我々偽りの民主主義国家にとって、強制された政治的結果でしかない。

    大量移民と多文化主義によるイギリス文化の抹殺は、我が国の政治の核心だ。ほぼ全員を貧しくするクソだ。

    heart-b グラスゴー 40年以内? 既にそうなってるんですが
    • heart-w リーズ もってあと15年ってとこじゃね

    • heart-b ミドルセックス 私もそう思う。もっと現実的な数字はおそらく、イギリスの白人が2035年までに60%を切り、2041年までに50%を切り、2050年までには40%を切り、イギリスの教室に通う子供達の25%を切るという感じになると思う。

    • heart-w ロンドン フィリップ・ラーキンが予言したように、イギリスはヨーロッパの最初のスラム街になるだろうね

    • heart-b サマセット 主要各都市の学校の写真を見てみろ。既に白人がいねえよ

    • heart-w オクスフォード 我々は人類史上初めて、自らの意思で自国民を少数派にした社会となるのかしら

    • heart-b イングランド ニューアム・ロンドン自治区の学校写真をどれでもいいから見てみればよい。

    • heart-w ロンドン 40年どころか20年前に起きてるよね……

    • heart-w ウォーリー サヨク「なーんにも問題ない」

    • heart-w ポーツマス 正直マジで吐きそう

    • heart-w ミドルスブラ 息子は幼稚園に行ってるけど、唯一の現地人だから誰とも遊んでもらえない。もうすぐ小学校に入学するけどどうすれば。よそに通わせることもできないし。

    • heart-w レッドカー 何ならクラスで唯一の白人が教師っていうのも珍しくない

    • heart-w ロンドン テレビやネットの広告でも、白人と有色人種をカップルとして出すのがほぼ義務になってるよね

    • heart-w ソルトバーンバイザシ もうこれ以上外国人を入れるなよ

    heart-b ロンドン こんな国にさせるために投票してない。

    heart-b ブリストル 全クソ政党の全クソ政治家さん達、どうもありがとう

    heart-b ブラックプール イギリス伝統の日常よ、さようなら

    heart-b イギリス 我が国のアイデンティティが失われていく……悲しい

    heart-b エディンバラ 白人が十分な数の子供を産んでいない。彼らは自分が気候変動と闘っていると想像したがるし、自分とキャリアだけに集中しても大丈夫だと思っている。女性は、子供を産める期間が実は短いことを学校で教わらないので、30代後半~40代前半になるまでそのことに気付かない。それでも運が良ければ子供を授かるかもしれないが、彼女達は高望みで「理想の王子様」を待つばかりだし、年を取って家庭を持ちたいと思う頃には、裕福な男性達は若いモデルを選んでいる。男性にはもう少し時間の余裕があるが、女性にはそれがない。

    関連過去記事。超高齢妊娠のリスクや難しさを度々取り上げてますが、生殖教育不足+40歳超の芸能人が(実は他人の卵や若い頃の凍結卵で)妊娠したニュースとか見て、「自分もいつでも好きな時にポンポンと自然妊娠できる」と何となく安心してる未婚女性が結構多い模様。

    heart-b ロンドン うちの近隣でもとっくに白人がマイノリティ。これが進むうちに歴史が書き換えられ、英語が第二言語になっていくんだろうな

    heart-b オーストラリア 我が国も同じで、50年もすれば純白人はほぼ消滅してると言われてる

    heart-b ワークソップ この国で白人の異性愛者であることはもはや犯罪扱いされる。それ以外のあらゆる逸脱が最優先され、同意しない者は社会的に抹殺される。

    heart-b ブライトン ロンドンを見てみれば、この国の将来も見当がつく。国民はこんなこと頼んでいない。実際、この国の未来は暗い。孫達を気の毒に思う。

    heart-b ピーターバラ 誰のせいだろうね? こうなるとイーノック・パウエルが何十年も前に警告していたのに、我々はこの状況を作り出した政党に投票し続けてしまったよね。

    heart-b 政府「出生率は心配だが、ヴィクトリア朝レベルの富の不平等は問題ではない」
    • heart-w EU 世界の半分を所有する1%の人々にとっては、利益の最大化の方がはるかに重要だから(もちろん残りの99%はそのために搾取される)

    • heart-b ポーランド でも、次の世代の消費者が生まれてこなければカネ儲けのしようがなくなるのでは?
      • heart-b バカ「そうだ! 給料を全部自国に送金する、購買力ゼロの貧困移民を大量に受け入れよう!」
    heart-b イングランド 1ペニー残らずむしり取られることがなければ、少しはマシになるんじゃないの
    • heart-w アメリカ アメリカも同じだよ……子供を生め生めというのなら、賃金低迷が50年も続く前になんとかすべきだった。
      • heart-b 私達は今、歴史上のどの時点よりも裕福で自由だ。だからこそ私達は少子化を選択している。誰のせいでもない。選択肢があれば、人はそうするものなんだよ。
        • heart-w イングランド 全体として見ればそうでも、個人としては(現実の購買力という点では)革命前夜のフランスやヴィクトリア朝時代のイギリスを凌ぐ富の不平等レベルであり、1900年代初頭の帝政ロシアに匹敵するレベルにまで近付いている。
    heart-b コペンハーゲン 正しい見出し:永遠の人口増加を前提に設計された社会、もはや看過できない問題に
    • heart-w イギリス ネズミ講みたいなもんだよね。持続可能であるとはまったく思えない。現在の人口を維持するための人口増加は、さらに長期的な人口増加を必要とする。
      • heart-b イタリア 人口が増加し続けるには無限の資源を持つ地球が必要だが、そんなものはない。

        資本主義経済は継続的な消費と生産量の増加に依存しているため、資源の消費を減らすだけでも経済に大きな影響を与える。

        ヨーロッパや東アジアの社会は高齢化に苦しんでいるが、アフリカはそうではない。そして、今世紀末には人口が110億人に近づくかもしれない(人口学者は、どちらかといえば人口増加を過小評価する傾向にある)。

    • heart-b 人口減少とともに自動化がゆっくりと進むのは良いことだと思う。そうすれば養うべき人が減るし、仕事を巡る競争が少なくなり、人々はより上の階層の仕事に就くことができるようになるので、高等教育にもっと集中できるようになる。

    heart-b スペイン 西側世界のほとんどの国が同じ問題を抱えている。

    私達はもはや、正式な教育を受けずに学校を卒業して就職し、それで家族全員を養い、家を買って富を築き、手厚い公的年金で引退できるような世界には住んでいない。

    アラサーあたりの若者は、学生ローンで高学歴を得てもなお自分一人が食いつなぐのがやっと。

    このような世の中で、人々が子供を持つことを期待できるか?

    heart-b イギリス 我が国で年39,000ポンド[約780万円]を稼ぐイギリス人は全体の7%に過ぎない。

    大したことはないように聞こえるかもしれないが、人口のかなりの部分、特にマンチェスター、エディンバラ、ロンドンなど住宅危機が顕著な大都市圏では、それ以下の収入ではそもそも家族なんか持てない。

    39,000ポンド稼げる7%の人口ですら、税金、自動車保険、家賃、食料品を差し引けば、家を買うために貯蓄できる額はたかが知れている。

    10年以内には、ポーランドの平均的な世帯はイギリスの平均的な世帯よりも裕福になるだろう。
    • heart-w 考えてみるとゾッとするよね

    • heart-b イギリス人がそこまでカツカツだとは知らなかった
      • heart-b ロンドン以外なんかさらに厳しい。確かグラスゴーのような他の地域では、世帯の過半数が貧困に喘いでいるはず。

    heart-b イギリス 何が悲しいって、こういう正当な不安や悲しみや不満を、今日のイギリスでは口にすることすら許されない。それこそが本当に恐ろしいことであり、我々が懸念すべきことだと思う。


    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    はじめに概要(なぜ沼りやすいのか、リスクなど)
    元スレは次のテーブル

    drd1s6okrvl61
    ↑ MBTIは、人間がこれら16タイプに分類できると主張します。過去記事でも取り上げてますが、このステレオタイピングは成り立ちからして非科学的な、しかし濡れ手に粟の一大ビジネスです。なぜここまで成功したかというと、自分の個性や特別さを認められ褒めそやされたい、何らかのグループ(特に、敬愛される著名人と同じ)に属していると感じたい、自他や複雑な人間関係を簡単に理解し(た気になり)たい、といった人間心理をうまくくすぐるちょろい商売だからで、特に対人関係に悩みがちかつ内向的な人々が沼りやすいとのこと。確証バイアスバーナム効果も参照。

    遊び程度に楽しむ分にはもちろん全然いいと思うんですが、自他を記号としてしか見られなくなり、他人にステレオタイプを押し付ける、「タイプ」を基に付き合う相手を選ぶ、「タイプ」を基に妙な選民意識や差別意識を持って他人を攻撃する、傍迷惑な自分の欠陥を「それが自分の『タイプ』だから仕方ない。ありのままの自分を受け入れない周りがおかしい」とか開き直る、といった弊害も、中毒者の間には間違いなく存在します。

    わたしも今ではわりと仲良しの子から、当初なんかすげー嫌な「タイプ」だと勝手に決めつけられ、そのネガティブなステレオタイプを根拠にしばらく避けられたという経験があります。彼女は以前その「タイプ」の人と嫌な経験をしたため、(身振り手振りやちょっとした言葉遣いから勝手に判断した)同じ「タイプ」の女性に対して苦手意識が生まれたそうですが、当然人間は一人一人違うので、このような偏見は相手にとって不当だし、当人にとっても無益です。

    同様に、すごくいい恋人になれるかもしれないのに、自己紹介欄のMBTIが自分と相性が悪いからとか言って食わず嫌いしてしまうなんてのもあるようだし、さらにひどい話だと「タイプ」を理由に超向いてる職業や役職からはねられたとかも時々見ますが、そんなことやってる雇用者はカネ、時間、潜在的に優れた人材をドブに捨ててるだけで、得してるのはテストを提供する業者のみです。

    「XXXXタイプだからこのように行動する」「YYYYタイプならこのように考える」というように、熱心なMBTI好きには単純な定式化のレンズを通して他人を理解しようとする人が極めて多いように見えますが(それ自体誤用らしいですが)、そのせいで実際には理解を広げるどころか単なる視野狭窄を起こし、損をしてるだけということがままある印象です。

    MBTIは健康に悪いさん

    もっと正確に言うと、MBTIの「コミュニティは」健康に悪い。冗談でもなんでもない。このコミュニティに関する5つの大きな問題を以下に挙げたい。

    主な問題点
    • 嫉妬:みんな他のタイプに死ぬほど嫉妬する。これはガチ。誰もが、外向的な思考を持つEXTXになりたがっている。誰もが自分の機能スタックにTeとSeを欲しがる。好きなアニメキャラが自分のタイプでないことに腹を立てる人もいる。典型的な例:Personality Database
    • 自信喪失:例えば、MBTIのせいで「自分は納期という概念を理解できないヘタレの泣き虫だ」と思い込み、自尊心をズタボロにされたINFPがゴロゴロいる。これらはおかしなステレオタイプに過ぎないことを誰もが知っているのに、それでも無意識のうちに頭の中に入り込んでくる。やがてあなたは、ミームを通じて遭遇し続けるステレオタイプとまったく同じように、知らず知らずのうちに自分の「タイプ」を演じるようになる。その逆も然りで、「かっこいい憧れのタイプ」(XNTX)を持っている人は、無理矢理そのステレオタイプを演じようとする。
      そうでなければ、なぜINTPコミュニティは自分達を「風変わりな科学者タイプ」だと思い込み、ENTJコミュニティは「怖くて偉そうなCEOタイプ」を演じようとするのだろうか?
    • 強迫性:これもヤバい。自分も一時期そうだった。MBTIのタイピングシステムは、文字通りあなたを虜にしてしまう。あらゆる人、あらゆるものをMBTIと結びつけながら外を歩くようになる。「あの人はESFJだ、ISTPだ、ああ、あの人はENTPじゃなくてよかったね」そのうちこれが強迫観念になってしまう。
    • 偏見:「S」タイプであることを理由に断られる人や、自分のタイプの3番目の枠が「F」であることを理由に役立たず扱いされる人。信じられないほどバカな話だが、それが現実だ。MBTIを占星術と同じように考え、実生活の大事な選択に使う人もいる。

    広告

    heart-b それに、反成長的なマインドセットでもあるよね。「これが自分のMBTIタイプだぁ」という固定的なアイデンティティにしがみつき、それを抜け出せなくなってしまう。これは精神衛生上もよくない。

    heart-b 認知機能とやらを真に受けてる人は頭が良くない。「自分の機能スタックにはSeがないから、自分は新しいことを経験したり、環境を感じ取ったりすることができない」「自分にはFiがあるから、他の人が何を感じているのか理解するのは無理だ」など。

    heart-b 多くの人が、他人や自分をステレオタイプ化する手段としてMBTIを使っている。「私はどうせこうなのだから、わざわざ変わる必要はない。このネガティブな特徴は固有のもので、どうしようもないんだから」など。自分も個人的には、このMBTIとかいうやつそのものに反対。一人一人の個性は、数や文字で定義するには多様すぎるし、MBTIは固定観念を生み出し、成長や挑戦を妨げていると思う。

    heart-b 同感。自分というものや自分の人生を、あんなもんに定義させてはいけない。

    heart-b 嫉妬はガチ。MBTIコミュニティでしょっちゅう見る。みんな文字通り、血相変えて他人の「タイプ」を否定し、次に「自分こそが、その珍しいタイプである」と誇示しようとしている。キチガイ沙汰
    • heart-w 杓子定規だから抑圧的なんだろう。それにエゴも関わってくる。エゴマニアは自分が一番でなければ気が済まないから。

    • heart-w 自分のタイプのコミュニティで共感を示したら、アホが寄って集って「お前絶対このタイプじゃないだろ」と責め立ててきた。「MBTI警察」はかなりよくある話

    heart-b 賢いふりをすれば「T」になれるわけではないし、感情的だからといって「F」なわけでもない。「T」だからといって賢いわけでも正しいわけでもないし、「F」だからと言って頭が悪いわけでも間違っているわけでもない。空想好きで理論好きだからといって「N」なわけではない。「S」だからといって完全に機能的な存在になるわけではない。

    などなど。どのタイプが優れているということはないし、どのタイプにも、クズもいればいい奴もいる。

    カテゴライズしたがるのは人間の本性だが、そうする必要性を過度に助長するのは有害でしかない。

    heart-b 同感。兄は以前、自分の性格タイプ(INTJ)が最高だという話ばっかりして、すべてのタイプをランク付けしたりもしていた。彼によると、INTJのタイプが一番で、一番下のタイプは単に「役に立たない」らしい。

    私はINFPと出て、兄はよく私の行動を「お前の性格タイプの奴らしかしないことだ」とバカにした。私がある細かいことに気付かないのも、「俺の性格タイプとお前の性格タイプの違いだ」と言っていた。

    MBTIは何かの役に立ちはするのかもしれないけど、真に受けすぎて自分の視点や判断に制限を設けてしまう人達がいて、そういうのはすごく有害だと思う。

    heart-b 「憧れのタイプを演じる」ってやつ、すごくよくわかる

    heart-b 実際MBTIでメンタルヘルスをやられた。指摘してくれてありがとう

    heart-b ほんとそう。みんなMBTI中毒にならないよう気を付けてほしい。不健全だよ。
    • heart-w 何でも中毒はよくないよね
    heart-b MBTIにハマりすぎて、起きている間中、常にタイプについて考えていた。赤の他人について予測したり、理解したりするような、自分の人生において何もコントロールできない領域を、MBTIを使ってコントロールしようとしていた。

    例えば、「今話しているケイティはENFPで、この機能スタックを使っている! 彼女はきっと自分を気に言ってくれるだろう」とか思っていたんだけど、当然、それはいつも疎外感につながるだけだった。

    ある時期、私は「Ti-Niループ」から抜け出せないと思っていた。今思えば、それは考えすぎを無用に複雑に表現していただけだった。また、直感、感覚、思考、感情について理解したところで、それらを実際に使いこなせるようになるわけでもなかった。
    • heart-w 人間を人間としてではなく文字の組み合わせとしてしか見られなくなったら、もう脳がやられてる。

    heart-b だから私はMBTIから離れ、実際に人とコミュニケーションを取ることにした。MBTIは不健康な強迫観念になってしまうと思ったから。MBTIについて深く考えることには何の意味もないから、もうやめる。

    はっきり言って、単に人を人として見るだけで、人生はもっと楽しくなる。人付き合いを複雑に考えすぎる意味などない。


    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    日本語版はそこまで偏ってないように見えますが、Wikipedia、特に英語版では、少しでも政治的要素のある分野においてリベラル・プログレ(自称進歩派)はじめ各国のプロパガンダが組織的に展開され、編集合戦が続いているので有名です。また、下にも書かれてますが基本的に欧米寄りで、他地域(特に言語が障壁となる国々)に対してより批判的です。

    管理者にも欧米のプログレ系が多く、中道~保守系が迂闊に加筆しようとすると秒で削除され、IPバンを食らうこともある模様。日本に関するいろんな英語版エントリーにも、相当偏ってるのや、妙に敵意のある書き方をしたのが多いです。①平均的な日本人が日本語版以外をあまり見ない/いじらないこと、また②外国人にとって、日本についての情報源(メディア、各種組織・団体、個人)自体の思想がかなり偏りがちであることもこれを助長していると思われます。


    rvAarYtath9iRi3dPw7VJ0voqllktwOxhg0ZcCYdKIg_jpg

    Wikipediaはクソさん

    Dailydot.com: 湯水のように金があるWikipedia、なぜ寄付を募るのか?(あなたに知られたくないくらい儲かっているのに)

    Wikipediaは乞食ばっかやってて哀れだ。逆に寄付をしたくなくなる。 毎年ホリデーシーズンになると、同サイトには寄付を懇願するクソデカポップアップが画面の半分を占め、「カネ、カネ」と付きまとってくる。

    言うまでもなく、なぜ金を払って、この偏向クソサイトの検閲、歴史修正主義、自由な情報の破壊を支援せばならないのか?

    広告
    heart-b New York Post: Wikipediaの共同設立者、同サイトはサヨク系エスタブリッシュメントのプロパガンダになり果てたと語る
    • heart-w Wikipedia: New York Postはクソ(-5)
      • heart-b Wikipediaが偏ってないと証明するためにWikipediaの記事を引用するとかバカなの? もちろん出典はNYTだのCNNだのNBCだの、お仲間のサヨクばっかだし

      • heart-b 墓穴掘ってて笑う
        • heart-w 要するにお前らの意見はクソってことだよ(-5)
          • heart-b お前らは容疑者が自分を捜査したらそれを信用するの?
    heart-b このスレにいる皆さんに、Wikipediaが実際にどれだけの金を持っているのかお調べになることをお勧めする。

    このウェブサイトに寄付してはいけない。連中には既に、長い長い間運営を続けられるだけの資金を持っている。
    • heart-w 寄付しちゃダメ。寄付金はWikimedia財団に送られ、財団はその約5%をWikipediaに使い、残りのほとんどを極端なリベラル・プログレの怪しげな「慈善団体」に勝手に流している。寄付者の意向に拘わらず。

      冗談ではない。寄付する先は自分で選ぶよ。

    • heart-b だよね。10年もすれば、これまでのWikipediaはなくなっていると思う。既に編集者は昔よりずっと少なくなっているし。
    heart-b Wikipediaには絶対に寄付しない。コンテンツを使って政治活動をやっているから。

    俺の金を、すべての記事にサヨク的な解釈を加えるために使われたくない。
    • heart-w マジでこれ
    heart-b 一度だけ寄付をしたことがあるけど、その後、連中が実際にウェブサイトを運営するのに必要な額をはるかに上回る、何億ドルもの金を稼いでいることに気付いた。寄付金の95%は、連中の他の「慈善」事業の運営に使われている。
    • heart-w 多分減税のため

    • heart-b その多くは、99%の寄付者が後悔するような、珍妙でクソみたいな外部の「慈善団体」に寄付されている。

    • heart-w 寄付するのならWikipediaに金を寄付するんじゃなく、記事の編集加筆に時間を寄付してやったほうがいい
    heart-b 自分は「クモの寿命は何年?」みたいなテキトーなことで見るだけだから、Wikipediaの政治活動とかよく知らないんだけど、Wikipediaは何を検閲してるの? どんな情報が破壊されてるの?
    • heart-b Britannicaと比較した場合、Wikipediaの方が政治的に偏っているという研究がある。

      また、Wikipediaの共同設立者による分析もあり、多くの偏向の例が示されている。

      最後に、Wikipediaの偏りを示す
      その他の研究へのリンクがある記事

    • heart-w 非常に非明示的にやられている。例えば、自分達の嫌いな政治家については、意見の割れている話題や 「過激な」ポリシーにばっかり言及し、一番最初の概要の部分で前面に押し出したり。
      • heart-b もっとよく探せばわかるが、Wikipediaは欧米寄りに偏ってもいる。アフリカや識字率の低い国からの観点は一般的にあまり考慮されていない。

    heart-b 彼らがすべての資金を寄付から得ているのは事実だが、そのほとんどは巨額の寄付をする大財団からのもの。この金はスタッフやプログラムのために使われているが、実際にWikipediaを執筆/編集している人達には一切報酬がない。

    ついでに、インターネットのホスティング/サーバーは年間経費の2%。Wikipediaの場合、2021年の1億1,100万ドルのうち200万ドル。

    heart-b 個人的には、Wikipediaに寄付すること自体は別に構わないけど、嫌なのは寄付した後もバナーがしつっこく出続けること。

    heart-b ちょうどさっき、「Wikipedia 乞食 しすぎ」って検索したところ。メールに返信してしまったせいで、もう4通目の物乞いメールが来たから。「もう二度とこのようなお願いはいたしません」といいながら延々と金をせびり、いつページを開いても「カネをよこせ、カネをよこせ、カネをよこせ」とポップアップに付きまとわれ、「もう寄付した」を選択するとまた「カネをよこせ」で、本当にバカバカしくなってきた。あまりにもしつこいので、既にできる限りの寄付をしたにもかかわらず、「このように考えている自分は意地汚いのではないか」とまで思い始めてしまった。検閲やサヨク偏向については、このスレで見るまで知りもしなかった。

    heart-b Wikipediaには大口の支援者がいるし資金も潤沢だから、一般人の寄付なんて必要ない。なのに彼らは「自分達がいかに絶望的な状況にあるか」と劇的に誇張し、実際に1セントでも寄付しようものなら、あなたの人の良さにつけ込んで、延々と罪悪感を煽り、できる限りの金を搾り取ろうとしてくる。


    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    先進諸国において妊産婦死亡率がぶっちぎりで高い米国の、妊婦の死因についての記事。これを悪化させている一因が、蔓延する銃暴力に加え、同国で進む中絶の違法化だとの指摘があります。欧米の中絶クリニック周辺にキリスト教キチガイが張り込み、受診する女性を取り囲んで辱め虐げる話(アブラハムの宗教は女性蔑視の塊)など、いろいろ上げています。「宗教はクソ」と一般化する欧米人が多いのはこういうアブラハムの宗教(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教)連中のせいであって、彼らは仏教だのジャイナ教だの神道だのという人畜無害な異文化圏の宗教をそもそも想定していません。

    ついでに、女性の5人に1人が強姦被害者という米国では、中絶が「完全に」違法=強姦とか病気などやむを得ない事情による妊娠も中絶できない9州だけで見ても、強姦による妊娠が2年間で64,000件以上(強姦を報告するのは20%程度とされ、実際の被害者ははるかに多い可能性が高い)発生しているそうです。なぜこれらの州では強姦による妊娠でも強制的に継続させられるかというと、「神の御意思だから」。またこれらの州では、母体が妊娠によって生命の危機に晒されたとしても「神の御意思だから」中絶はできない(=子供だけ生もうとして死ね)だそうです。
    • ついでに、日本は世界で最も乳幼児死亡率が低く、SIDS(乳幼児突然死症候群)も世界最低レベル(米国の7/1000に対し>3/1000)。実は「SIDS」の原因の一つじゃないかって言われてるのが、親による殺害。
    上掲、日本産婦人科医会ウェブサイトより。クリックで拡大
    68438352e3927e91a139ab0942aeb741.jpeg

    以下、紫文字は本気の反中絶派、こういう数字を前にしても「違う! アメリカはどの国よりも優れている! 医療が進歩して他の死因が減っただけ!(?)」と訴える、簡単なグラフも読めないアメリカ至上主義者(めちゃくちゃ多かったので割愛)、「避妊しなかったお前が悪い」系インセルなど。

    広告

    heart-b 嫌なら無責任に妊娠すんな(-22)

    heart-b > 生殖の強要とは、他者の生殖に関する健康や意思決定能力に対するあらゆる種類の脅迫や暴力を指す。強制的に妊娠させる、避妊具の使用を拒否する、性行為中に避妊具を取り外す、中絶を強要する、など

    こっそりコンドームを外すのはよくある話だよ。「妊娠したのは自己責任だ」と叫ぶ人々が考慮していないのは、あまりにも多くの女性にとって、同意なく、彼女の身体について一方的な選択がなされているという現実。強姦は非常にありふれており、被害者のほとんどは、暴行を受けた後、時には何年もその現実を否認し続ける

    中絶が禁止されている州には、未だに何万もの未検査のレイプキットがあり、同じ犯人が何度も犯罪を繰り返すのもよくある話。中絶禁止に関するあらゆることが無責任すぎる。
    • heart-w > 「妊娠したのは自己責任だ」

      これ言う奴らって、「女には選択肢があった。セックスをしなければよかっただけ。強要されたなんて言うけど、おそらくいやらしい格好をしていたんだろう。なぜ結婚前に男と遊んでセックスなんかしているのか?」とか言うんだよね
    heart-b 望まない妊娠の主因は避妊しないことだろ(-64) heart-b アメリカって子供を産むのに5桁はかかるんでしょ? しかも生殖の権利に関する価値観は12世紀並みだし、地獄じゃん
    • heart-w しかも、父親も母親も、産後たちまち働かなければ失業するし、かといって仕事を続けて子供を保育園に入れれば、それはそれで「子供を蔑ろにしている」と叩かれる。アメリカは徹底的に女性に冷たい国だよ

    heart-b 米国は妊産婦死亡率、乳幼児死亡率ともに先進国36カ国中ワースト4位。

    heart-b 米国の黒人女性の妊産婦死亡率は、ヨルダンの全母親のそれよりも高く、メキシコの妊産婦死亡率に最も近い、出生100,000人あたり55.3人であり、これは第一世界の国々はもちろん、ほとんどの第三世界の国々にすら遠く及ばない。

    https://www.cdc.gov/nchs/data/hestat/maternal-mortality/2020/maternal-mortality-rates-2020.htm

    https://www.gatesfoundation.org/goalkeepers/report/2021-report/progress-indicators/maternal-mortality/

    heart-b アメリカは女性の命なんかどうでもいいと思ってるから

    heart-b コメント欄に読解力のない人が多いので記事から抜粋する。

    > 長年の研究から、親密なパートナーからの暴力の専門家は、虐待的なパートナーを持つ女性が妊娠した場合、殺人のリスクが高まると予想している。ウォレスらによれば、データに記録された殺人の約3分の2は自宅で起こっており、その女性がパートナーに殺されたことを示唆している。
    さらに
    > 「黒人女性はまた、産科的原因による死亡リスクが高い。CDCによれば、全体として、妊娠中または最近妊娠した黒人女性は、妊娠関連の原因で死亡する確率が非ヒスパニック系白人女性の2.5倍。
    • heart-w それから、DVの4分の1は女性が妊娠した時に始まる

    heart-b もともと虐待的な関係にある女性は、妊娠するとますます逃げられなくなるんじゃないかな

    heart-b ストレスや計画外の妊娠よりも、虐待者が捨てられることに耐えられず(妊娠は虐待関係を離れる動機になる)、また二の次にされたり、言い返されたりすることに耐えられないというのが、より大きな要因となっている。虐待関係で最も危険なのは、一方が去ろうとするとき。妊娠中の虐待被害者は、パートナーから離れる可能性が高いかもしれない。そこに銃が加われば殺害されるリスクも高くなる。銃に暴力は女性や子供にも影響を及ぼす問題。

    heart-b 妊娠中の浮気は死ぬほど多いよね。そこから痴話喧嘩になって撃ち殺される人が多くても全然驚かない

    heart-b 宗教が人類を苦しめてる
    • heart-w 人類を苦しめているのは、宗教ではなく「有害な」信念体系だよ。例えば、人類はジャイナ教には苦しんでいないけど、スターリニズムには苦しんだことがあるでしょ。区別は大事だよ。
      • heart-b 天空にいる想像上の「主」だの、夜に太陽がどこに行くのかも知らない無知な文盲だのが作り上げたルールに従って生きることは、常に有害で、後退的で、人類が必要としているものとは正反対だよ。自分の宗教の方が優れていると思うかもしれないけど、あらゆる宗教は人類を進化から遠ざける毒でしかないよ。(0)
        • heart-w 宗教は多くの人や社会を利してきたけど。宗教がなければ、社会も人間もここまで進化することはなかったとも言える。 私達の道徳や倫理観の多くはどこから来ていると思う? 目に見えないものを信じることは、愚かさを意味しない。私達は皆、自分の周りの世界を観察し、これに基づいて見えないもの、見たことのないものを信じている。重力のように。あなたが重力を信じているのと同じように、他の人は自分の宗教に内在する力を信じることを選ぶかもしれない。世界には、目には見えないが、ただ感じることができる別の力が働いていると考えることは、決して非常識なことではない。
          見えない力がーとかはともかく、信仰の精神的・社会的メリットは明らか。信仰を持つ人の方が幸福度が高く(←日本の統計も含まれ、有信仰者と無信仰者で大きな幸福度ギャップがあるとのこと)、慈善活動などへの寄付額も大きいという話を過去記事で取り上げています。

          信仰を持つ人は傾向として、より行動力や協調性が高く、コミュニティへの所属感が強く、より明確な道徳的指針を持ち、より自己肯定感が高く、また感謝・報恩の心をより意識的に持つ傾向があり、これらはいずれも社会性動物ヒトの幸福感に大きく貢献する要素です。
    heart-b 殺人を禁止することが殺人につながるの?
    反中絶派は中絶=殺人だと考えている
    • heart-w 中絶は殺人じゃありませんよ。大人同士で話し合ってるんで、引っ込んでてください

    heart-b 赤ちゃんの死因一位は中絶(0)

    heart-b ちなみに、女性の職場での死因1位も殺人。男性は転落死が一番多い
    • heart-w 当たり前といえば当たり前。伐採、屋根葺き、建設などは最も危険な仕事のひとつであり、男性優位の産業で、女性は一般的にそのような仕事には就かない。安全な産業で働く方が事故死の確率が低いに決まっている。

      理由がなんであれ、男性は女性よりも殺害される可能性が高く、職場での殺人事件の被害者は80%が男性。安全な職場では、予測不可能な人間による殺人が1番多いのも理に適っている。
    heart-b 別のスレでこの話を持ち出したら袋叩きに遭ったんだけど何なの?
    • heart-w DV被害者支援の訓練を受けるときに教わる話なんだよね。妊娠中の女性はものすごくパートナーに殺されやすいんだよ

    • heart-b ネット民は女性が大嫌いだから

    heart-b 妊婦、妊娠しているため殺害される可能性が高い
    中絶の権利が連邦法に成文化されていない
    現行の銃刀法が遵守されていない
    アメリカは女性を憎んでいるんだよ。別に今更驚くような話でもないけど。

    heart-b つまり、黒人男性は妊娠しているパートナーを殺す確率が、妊娠していない恋人を殺す確率の3倍も高いということ?

    どっかで読んだ話だと、米国では黒人x黒人カップルで女性がパートナーに殺害される確率が最も高く(多分米国内ではタブートピック)、白人やアジア人など異人種のパートナーを持つ黒人女性が殺害される確率はより低い。人種そのものというより貧困、崩壊家庭、薬物中毒といった、黒人コミュニティにより一般的な問題が大きく関わっていると思われる

    heart-b 妊娠は身体におそろしい負担をかけるので、妊婦は家事すらできなくなることがある。特に妊娠後期は、介護が必要な障害者みたいなもので、トイレに行くことさえままならないこともある。私は7~8か月の頃、不規則な陣痛が続いたため(よくあること)ほとんど歩けず、何も持てず、持ち上げられず、赤ちゃんが膀胱を蹴るので尿漏れが止まらなかった。出産前後の2か月は、主人が私の世話係みたいなものだった。

    甘やかされることに慣れている男性は、突然自分の世話だけでなく他人の世話までしなければならなくなると、我儘な怒りを爆発させるのかもしれない。

    妊婦の負担に関する社会の無理解とか、心身が辛いのに涼しい顔して働かなければいけない妊婦の正直な愚痴とかもそのうち。欧米の女性はみんな妊娠中も大喜びで働いてると思ったら大間違い

    heart-b アメリカナンバーワン!(笑)

    この国が「第一世界」とか呼ばれてるなんて本気で怖い


    広告

    heart-b もしアメリカで産休や育休が普遍的に提供されたら、この数字はどれくらい下がるだろう? あるいは、おむつ代の支給や計画的な育児訪問とか?

    heart-b 興味深い記事だけど、まったく驚かない。妊娠や出産はカップルにとってストレス源となり得、既にDVやその他の危険因子があるのなら、悪夢みたいな負の連鎖の引き金になる可能性は大いにある。
    • heart-w コロナ以来殺人が急増したけど、多くは家庭内暴力によるものだった。ストレスで苛立つ人々が終始膝を突き合わせていなければならなかった結果。
      • heart-b コロナの間、児童虐待もとんでもない勢いで増えていた。子供と一緒にずーっと家に閉じ込められる母親のストレスが爆発したせいで。
        • heart-w 妻は連邦政府の性的暴行プログラムの責任者だけど、コロナの間、児童暴行事件の数は異常だったよ。DV、性的暴行、自殺などなど。

    • heart-b でもこれは圧倒的に男性の問題であって、「世間」の問題じゃない。男性は、この統計を認め、行動する必要がある。
      • heart-b プエルトリコは女性に対する暴力を国家非常事態と宣言したはずだから、間違いなく世界的な問題だよ。イヤだね。
        ↑もちろんDVは世界的な問題ではあるが、よその国わずか1か国を例に挙げて「ほらね、世界的な問題でしょ(だから我が国が異常なわけじゃない)」とやるのはただのアクロバティック自慰(小標本の誤謬

    • heart-w ストレスというか支配の問題だと思う。虐待を受けている女性は、妊娠するとより自衛的になり、赤ちゃんにもっと注意を払うようになるかもしれない。虐待している男性パートナー(多くの場合自己愛的)は、自分が優先されないことや、以前は従順だった女性が自己主張するようになったことに憤るかもしれない。DVの話を聞いたことがあるけど、虐待を受けているパートナーが去ろうとしているときに殺人が起こるというのはよくある。妊娠している→子供を守るために去る方に気持ちが傾く→殺人の引き金になる。
      • heart-b パートナーが妊娠したからって、自分が無視されたような気になって浮気するという男の話は本当によく聞く

      • heart-b 逆では? ほとんどの場合、妊娠すると去りたくても去れなくなるんだよ。少なくとも彼女が産休に入っている間は彼の収入で生活する予定だったとか、仕事に戻ったとしても子供がいると何かとお金がかかるからとか。

      • heart-b 妊娠して驚いたんだけど、自分がものすごく脆弱に感じた。身体的にとても鈍く、弱く、さらにお腹に気をつけなければならなくなるから、逃げたり、身を守ったりするなんてとてもできない。

        また主人は、私が自分の子供を妊娠しているのを見て、とても原始的な形で私に対して保護的になったと言っていた。既に虐待的な関係にある場合、これが独占欲に変わることもあるのかもしれない。
    heart-b でも肯定的に見れば、現代医学は妊産婦の死亡を劇的に減少させたということであって、ほとんどの場合、妊婦が死亡するのは、誰かが故意に死亡させたか、担当医が適切な治療を怠った場合に限られるということだよね。
    • heart-w ただし、米国では過去10年間に妊産婦死亡率(殺人を除く)が増加しているけど。
      • heart-b キューバですら乳幼児死亡率はアメリカよりも低い。世界一裕福な国のわりにはお粗末だよね。
        • heart-w そこが問題なんだよ。アメリカは全体としては裕福だけど、貧富の格差が激しい。しかも医療費が高いので、このようなみっともない死亡率が出るのも無理はない。

    • heart-b アメリカは「先進国」のわりに、女性や乳幼児が医療問題で死亡する割合がおそろしく高い。私はこれを、妊婦への支援がほとんどないことのもう一つの症状と見ている。

    • heart-w これはこのデータに関する一般的な誤解だけど、これに関して肯定的な要素は一切ない。米国の妊産婦死亡率は欧米諸国でトップクラスであり、妊婦は家庭内暴力の危険に晒されている。このデータに対する唯一の適切な回答は、このままではいけないということだ。
      • heart-b 適切な文脈が鍵だよ。我が国のデータではきちんと計上されているものが、他の多くの国では除外されており、そのためにデータに歪みが生じているに違いない。不公平で誤解を招く比較だ。これが正されるまでは1対1での比較ができないため、議論を始めることすらできないよ。(-1)
    heart-b 家庭内暴力に銃が加わると、殺人率は劇的に上昇する。加害者が銃を持っている場合、女性が殺害される確率は5倍高い。
    • heart-w 米国では自殺を除けば、殺人、正当防衛による殺人、警察による殺人、事故など、銃によって殺されるのは年間わずか1万4千人だよ。ちなみに、交通事故による死者は年間3万7000人。
      • heart-b じゃあ今度はそれを、西ヨーロッパ、日本、オーストラリアなどと、自殺を除いて比較してみてくださいね

      • heart-b アメリカの家庭の90%が車を持っている。銃を持っているのはわずか40%。

      • heart-b 昨年は23,000人が銃で自殺したよ。
    heart-b もしアメリカ人が、パートナーに依存せずとも食料、医療、住居といった基本的なニーズを保証されたなら、あるいは中絶が宗教的過激派によって悪者扱いされることなく、より簡単にアクセスできたなら、妊婦はどれほど安全だっただろう。
    • heart-w 前向きに考えれば、アメリカの医療がそれほど前進して、妊娠に関連する市が激減したということだよね。
      • heart-b 誤り。妊産婦の死亡数は着実に増加している。

      • heart-b 一人当たりの所得が同程度の他の国々と比べてみてもまったくそんなことはないけど。

      • heart-b 現実を聞きたくないかもしれないけど、
        > ハイライト:直近の米国の妊産婦死亡率は10万妊娠あたり17.4人、2018年の妊産婦死亡数は約660人であった。これは先進国中最下位である。記録された妊産婦死亡の半数以上は出産日以降に発生している。
        • heart-w 他の国はどう数えてるの? 数え方が違うせいでアメリカが悪く見えてるだけだと思う

    • heart-w キリスト教徒が中絶反対を唱えるから妊婦が殺されると思ってるの?
      • heart-b そりゃそうでしょ。中絶へのアクセスが良くなれば、望まない妊娠を避けられるんだから。(-34)
        • heart-b キリスト教徒の白人ジジイが中絶を認めたなら、貧しい有色人種の女性達は、ボーイフレンドに殴り殺される前に中絶を受けることができるよね。(-10)
          • heart-w 妊娠しないことの何がそんなに難しいんだよ

        • heart-w それが殺されることと何の関係があるんだよ
          • heart-b 違法/DIY/怪しげな中絶。もし盲腸を切除することを違法にしたら、多くの人が無免許の怪しい「専門家」のところに行って死ぬだろうね。(-6)

          • heart-b 中絶が禁止されると、裏腹に中絶による死亡や事故が増えるという研究結果もある。悪いけど、他人に子供を無理矢理生ませる権利はあなたにはないよ。(-1)


    • heart-b 中絶が違法だったら、子宮内の子供達はどれほど安全だろう?(-12)

    • heart-w 子供を子宮の中で殺すべきではないと考えることの何がそんなに過激なのか。俺はお前みたいな邪悪な奴らと死ぬまで戦うよ。(-14)
      • heart-b 中絶と闘いたいんなら、予防薬や避妊薬へのアクセスを改善するよう訴えなさいよ。
    heart-b ここ100年ほどの間に、出産前の医療においては驚くべき進歩があったのに、DVはそのまんまということだね
    • heart-w 少なくとも現代では、妻が言い返したり迷惑を掛けたりしたからといって、妻を殴ったり、強姦したり、精神病院にブチ込んだりすることは合法ではなくなったけど、米国では出産時の死亡率が増加しており、この数字は他の先進諸国に比べて高い。銃は家庭内暴力/殺人の要因でもある。
    heart-b 性教育を改善し、避妊具を無料で利用できるようにし、一般的な教育を改善すれば、女性はクズと子供を作るのをやめると思う?
    • heart-w 翻訳「女どもが腹ボテになるのをやめさえすれば、殺されずに済むのになあ!」
    heart-b これは単に、我が国アメリカでは妊婦が驚くほど安全なので、殺人意外には死ぬ理由がないからだよ。(-4)
    • heart-w ハイライト:直近の米国の妊産婦死亡率は10万妊娠あたり17.4人、2018年の妊産婦死亡数は約660人であった。これは先進国中最下位である。記録された妊産婦死亡の半数以上は出産日以降に発生している。
    heart-b ポジティブに考えれば、妊娠は未だかつてなく安全になっているということだよね。
    • heart-b 妊娠している女性、あるいは過去1年間に妊娠したことのある女性は、妊娠していない女性よりも殺人に遭う確率が16%高いという調査結果がある。殺人が妊婦の最も一般的な死因であるというだけでなく、妊娠しているという状態が、米国人女性が殺害される可能性を積極的に高めている。

    • heart-w 誤り。アメリカの妊産婦死亡率は着実に上昇している。

      というか、真面目な話、あなたはパートナーに殺される妊婦の数についての記事で「ポジティブ」に考えようとしているの? その数字は本来0であるべきなのに。

    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    未だに(主に欧米メディアの叩き記事ネタとして)失敗作のメンヘラクソガキ扱いされているZ世代ですが、1990年代後半~2010年代前半生まれなので、上の方の人達はもう30目前のいい大人です。「Z世代」でブログ内検索するといろいろ過去記事が出てきます。

    最近の記事:
    整形とスキンケアの落とし穴 今の若者は老け見えすると話題 Z世代の次、α(アルファ)世代女子についても。


    なお加齢に伴う妊孕性(妊娠する能力)の低下、あと卵子凍結についても「家族」「フェミニズム」タグとかで何度か上げてます。

    Graphic-3

    女性の卵子は数も質も年齢とともにどんどん低下していくのが現実です。
    (誤解してる人が結構いるらしいが、ピルでは卵子の減少や老化を一切止められない。それどころか「ピルずっと飲んでると卵が老け見えする、さらには実際に卵巣予備能が低下する」なんて研究まである)

    そのため卵子/胚凍結をするのなら~30代前半が理想的ですが、人によっては20代~30代でもう卵が打ち止めなんてこともあるらしいので、20代のうちにAMH検査や婦人科検診を受け、自分の残弾数や、不妊の原因となる婦人科系疾患の有無を把握することは有益と思われます。
    年齢と凍結卵数から生児獲得率を計算できるツールなんかもあります。

    wedding
    Z世代ピーターパンさん

    Z世代も結婚出産ラッシュの年頃になったよね。自分達なんか未だにティーンエイジャーのような気分でいるのに。

    広告
    heart-b 22歳だけど友達の半分は結婚してる。もう子供が4人いるのもいる
    • heart-w ミレニアル これはSNSの民が発狂するやつ
      • heart-b SNSには、「女性は数十年間キャリアだけを追求してからでも簡単に子供を持てる」あるいは「数十年間好きに遊び回っていても、『落ち着く』準備が整った瞬間、完璧な結婚と配偶者が天から降ってくる」というナラティブにまんまと欺かれたミレニアル、フェミニスト、リベラルがウジャウジャいる。現実はそのような物語とは真逆なので、そのような人々はSNSで暴れ回ることで何とかそれに耐えようとしている。

    • heart-w 1997 きっと子供はみんな健康だろうね。それが若いうちに子供を生むことの利点の一つだよね。このコメントに低評価付けてるのって反出生主義者くらいだと思う
      • heart-b ミレニアル 低評価付けてるのは間違いなく、現実逃避してる人達
        • heart-w 1997 事実なのに。若い親から生まれる子供の方が、障害や欠陥を持っている確率が天文学的に小さいというのは。
          母親が35歳を超えると大きくなるリスク:流産・早産・死産・低出生体重児、先天性欠損(身体障害、知的障害、発達障害などの障害)、子癇前症、妊娠糖尿病・高血圧症参照

          ついでに、子宮内膜がちゃんと育たないと、卵が変なとこに着床→絨毛が筋層にメリメリ食い込んで胎盤が剥がれなくなる癒着胎盤というのがあって、運が悪いと母親が大量出血で死亡したり、子宮全摘が必要になったりするんですが、確率は超低いとはいえこれも高齢妊娠やIVF、特にホルモン補充で無理矢理内膜を肥厚させるやつのリスク(ある研究では、非IVF群の0.3%に対しIVF群では2.2%で発生)。参照1 参照2
          • heart-b ミレニアル ネットでは反出生主義がそこそこ人気だけど、実際そういう人達の投稿を読んでみると悲しくなる。インセルに限りなく近い。

          • heart-b そういう人達が年取ると「高齢出産がいいよ! 高齢で産むべきだよ!」派になるんだよ

    • heart-b 2001 22歳で???
      • heart-b 1人子供のいる子と付き合い始めて、3人実子が生まれたからね
        • heart-w 2004 22で実子がもう3人っていうのも珍しいよ。

    • heart-w 2003 望んで若いうちに子供を持つのは全然いいと思うけど、個人的に、自分は20歳ではまだまだ子供を持てるほど成熟してないと思う。20代半ば~後半になってからかな。
      • heart-b 1998 私なんか26歳でまだ全然子供みたいなものだよ

      • heart-b 彼女と「大学卒業したら結婚して子供を作ろう」と約束してる。

    • heart-w 21歳で周りももうそんな感じだけど、私なんかまだ親の家に住んでる
      • heart-b 親との同居は別に何も悪くないよ。経済的だし、特にまだ修学中ならその方が楽だし。

    • heart-w 親友の一人は結婚していて、息子1人と娘2人がいて、家を所有していて、別の家を買って貸そうとしてる。24歳

    • heart-w 22歳はちょっと早くない? 私は24歳だけど周りはようやく結婚し始めたところだよ
      • heart-b 50年以上前なら、22歳で家、妻、3人の子供を持たない人は異常者だった。今でも、22歳で結婚するのは別に普通だと思う。

    • heart-w 2002 早すぎでしょ。子供を持つのは30過ぎてからにすべきだと思う
      • heart-b 「何歳で子供を持つべき」なんてルールを他人に押し付けることはできないよ
    heart-b1998 全然「上の方の世代」だけじゃないよ。Z世代の最年長は29歳で、それ以下でも結婚している人はもう腐るほどいるし。(知り合いの何人かは18歳で結婚した)

    自分は25歳だけどたぶん1~2年以内に結婚する。
    • heart-w 2003 21歳。あと3か月で結婚する。知り合いの19~22歳あたりでも婚約してる人が多い。
    heart-b 1999 もう私達も20代半ば~後半なんだから100%当たり前
    • heart-w 2000 100%当たり前だけど、それでも周りで子供ができたって聞くと愕然とする
      • heart-b 1998 「えっ、えっ、どうするの?????」と言うべきか、「おめでとう」というべきかわかんない😂
        • heart-w 1997 もう数年もすれば、同世代で何人も子供がいる人なんてごく当たり前になってるよ?

    • heart-b 1996 いくつか年下の同僚はもう何年も前に結婚してて、子供も3人いる。それも行き当たりばったりじゃなくてちゃんと計画してできた子達だし、キャリアも順調。

    • heart-w 1999 子供も結婚もいらないと思ってたけど、なんとも言えない嫉妬を感じてしまう🥴自分が超絶ぼっちだということをいちいち思い出させられるから🙄😂
      • heart-b 別にぼっちでいることないのに

    heart-b 一方ミレニアル[Z世代の一回り上の世代。いまアラサー~アラフォー]

    rmwrew1

    heart-b 1996 Z世代の年寄りの方だけど、もう結婚してるし子供も複数いるよ

    heart-b 1999 Z世代がもう3年もしないうちに30になりだすって忘れてる人多いよね

    heart-b 1998 俺なんか彼女も、車も、自分のアパートも、仕事も、友達もないというのに。ふざけてるの?
    • heart-w 2002 私は年下だけどわかる。20歳と24歳の同級生が付き合っていて、車を運転してる。彼らともう3組のカップルはもう指輪を買ったし、婚約していると言ったり、「妻が」「主人が」とか言い始めたりしてる。

      一方私は引きこもりなので、自分の人生を生きることなく時間だけが過ぎていく。

    heart-b 2004 20になったばかりだけど、高校の同級生は次々結婚してる。私なんか全然まだその段階にいない

    heart-b 1998 何の話?
    • heart-w 1996 Z世代がどんどん結婚してるって話。自分ももう数年で結婚する
      • heart-b 1998 私はもう2年目だし、周りではもう3~4年目って人も多いけどな

    heart-b 2003 私は21歳になったばかりで、彼氏ともうすぐ同棲するし、結婚もそう遠いことではないから、これが普通だと思う。ほんの少し前までは遅くても13~18歳で結婚する人がほとんどだったんだし、別にって感じ

    heart-b 1997 そりゃ、もう上の方は26とかで、あっという間に30だよ(全然楽しみじゃない)。だから当然結婚して子供を生む人もどんどん増えてくるでしょうよ

    heart-b 2000 24歳、2人目妊娠中。友達や同級生もほとんどそんな感じですが

    heart-b 1999 24だけどもう結婚4年目、家もあるし子供も生まれた。なんで若くして結婚出産することがそんなに大事みたいに騒がれるの? 普通のことなのに。

    heart-b 人生は本当に短いものだということを、みんな忘れてしまっている。

    「ティーンエイジャー」という言葉もでっち上げだ。団塊世代に商品を売る消費文化を作るために作り出され、それが定着したものだ。「ティーンエイジャー文化」は単なるマーケティングキャンペーンでしかない。

    生物学的な成人期は13~14歳、社会的な成人期は18歳だ。

    ヒトはそもそも、人生の半分を過ぎるはるか前に生殖するようにできている(平均寿命が70~80の国の計算)。


    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    ポリコレ云々や文化的摩擦(某平和の宗教による殺害及び殺害予告など)で一部の国では大学教員も地獄を見てますが、特に小中高の教員はポリコレ抜きにしても死ぬほど大変らしい(キツさに見合わない超粗末な待遇、モンペ地獄、蹴られる刺される殺されるという物理的な危険)という話を「教育」タグとかでいろいろ取り上げてます。

    たまたま関連記事で見かけた1年前のヤバいニュース:小学1年生に銃撃されたアメリカの教師、給料を支払われずクビに→学校や学区の下衆対応が「教員は襲撃されるものと思えというのか」と炎上


    ↓ 以前何度か貼ったミーム。本件で叩かれているのは、最底辺の成績に手心を加えて無理矢理中層~上層に並ばせ、お手手つないでみんなでゴールちまちょうね、みんなで参加賞もらいまちょうねという自称「公平性」(昔日本でも「これが北欧式だ!」ともてはやされたとか。北欧の横並び志向についてもヤンテの掟などに触れた過去記事がありますが、突出した者は叩き倒され均されるという意味の諺は他の国々にも存在する)
    これに則り米国では大学入試において、成績が高い傾向にあるアジア人学生は軒並み若干減点、成績が低い傾向にある黒人やラテン系学生には軒並み下駄を履かせちゃうという人種差別的慣行、アファーマティブアクションまで爆誕。

    abd7b501-2

    いろいろな学力の生徒がいる環境で、横並びの「公平性」をどう実現するかといったら、当然底辺を急に賢くするなんて無理なので、結局本件のように彼らに無意味な得点ブーストを与える(全学生のモチベや平均的な学力に悪影響の可能性)か、彼らに合わせて教育のレベルを引き下げるしかない

    結果として、優秀な生徒の学力まで底辺に引きずられて劣化し、彼らが持つ可能性が損なわれるかもしれない。なんなら、底辺だって発破かけられて上を目指し必死に努力すれば、何らかの芽が出たり自信が生まれたりするかもしれないのに、学校の収益性や目先のお気持ちを優先するこのろくでもない甘やかし「教育」が底辺を怠惰にし、彼らの可能性も潰してしまっているともいえる
    classroom
    今の教育ヤバくね?さん

    及第点を与えなかった教師が解雇されたという話をよく見るけど、最近はもうそれが普通なの? 仕事でいったら実際に労働をしなきゃ当然評価されないし、私は学生時代に試験で15点を付けられたことだってある。なおこの学校は、もう一人の教師が解雇された正式な理由を公表していない。

    (超お勧めサイト、メンバー専用記事)Medium: 不当に高い成績評価を付けることを拒否した教師、解雇される

    広告
    heart-b うちの子の学区では、提出物や試験を受ける受けないにかかわらず、どんな課題やテストでも40%以下の点数を与えてはいけないという方針を導入したばかり。何もまったくやらなくても、落第点にはならないということ。本当にふざけている。彼らは、子供達が無能で、いかなる基準にも達することができないというメッセージを送っている。長い目で見れば子供達に害を及ぼすだけなのに。
    • heart-w 40%なんてまだマシ。ほとんどの学区では50%
    heart-b 「No Child Left Behind[一人の子供も取り残さない、和訳『落ちこぼれ防止教育法』。冒頭で紹介した類のもの]」が米国の教育を殺したよね。
    • heart-w あんなものゴミだとわかってはいたけど、実際にここまでのゴミだとは思わなかった。r/teachersで、子供達が一日中 TikTok を観ながら座っているだけで、何もしていないのに及第したという話を呼んだよ。もう狂気の沙汰
      • heart-b 最近その板で「もう誰も本を読めない」というスレを見て戦慄した
    heart-b 何もしなくても全員が及第点をもらえるのなら、「成績」や「合格」に何の意味があるの?

    「12年間は絶対に学校に行かなければならない。ただし、宿題をする必要もないし、注意を払う必要もないし、起きている必要すらない」
    • heart-w 米国では、卒業率は学校への助成額に直結している。落第生が多ければ資金が減る。だからそもそも落第させないんだよ。

    • heart-b まったく意味がない。もはや教育なんて、一種のコミュニティサービスか、あるいは一種の刑務所か更正学校のようなものだ。運動場は何も変わっていない。いじめは増えている。みんな退屈しており、すぐ泣き、読解、数学、科学、歴史で誰もが等しく成功しているという考えを持っている)。

    heart-b バカの成績を底上げすることは社会のためにならないが、それによって学校には余分なゼニが流れ込む。まるで詐欺だね

    heart-b もうかなり前からそうだよ。今はもう生徒を落第させられないんだよ
    • heart-b ミレニアルだけど、私が学生だった頃に「落ちこぼれ防止教育法」プログラムが始まった。問題児にばかり注意が払われ、私達はやるべきことを最後までやることができなかった。大学であらゆることを学び直したといってもいいくらい。
      • heart-w これが理解できない。特別なニーズを持つ子供達を統合すれば、彼らのニーズばかりを優先し、同じニーズを持たない大多数の子供達はほったらかしということになる。そして、教師は一人一人の子供に合わせた教育をオーダーメイドで提供しなければならなくなる。理想的な世界であればそれは素晴らしいことだが、40人の子供と1人か2人の大人がいる教室では現実的ではない。

    • heart-w 留年させられた場合はどうなるの?
      • heart-b もう留年になること自体ないんだよ。少なくともアメリカでは。あまりにひどい場合には補習校に転校させられるけど、そんな学校自体少ないし。私が働いている学校でも、友人が働いている学校でも、14歳以上で字が読めない子がたくさんいるよ。
        • heart-w これも別に新しいことではないよ。私が2009年に学生指導をしていた頃、8年生の約10%はマトモに読み書きができなかった。時間外の識字教育介入コースでボランティアとして長時間を費やしたけど、彼らは理解できない授業で一日中座っていることで既に燃え尽きており、進歩は信じられないほど遅かった。

    heart-b 友達は大学の非常勤講師だけど、学生は文章も読めないし、文法も滅茶苦茶だし、批判的思考もできない。19歳の学生を中学生みたいに手取り足取り教え直さねばならないらしい。

    全員を合格させるなんて、良いことよりも悪いことの方が多いよ!

    heart-b アメリカは子供達をどんどん馬鹿にして、世界の笑い物になってる!

    heart-b Redditの教員板を見てごらん。アメリカの教育はほんとに終わってる
    • heart-w ミレニアルの親のせい
      • heart-b 今の親のほとんどはX世代でしょ。この国の教育システム自体終わってるんだって

    heart-b ちゃんと教師の仕事をしたらクビになるとか、この国ほんとクソだよな

    heart-b 妻は大学教授だけど、大学レベルでも「成績を上げる」ために、あらゆることをもっと簡単にしようとする大きな動きがある。合格率が高ければ大学の印象も良くなるから。大学なんだから、簡単であっていいはずがない。特に彼女が教えている400レベル超の授業は。しかし、何の努力もしないくせに、成績が悪いとえらい癇癪を起す学生達は間違いなくいる。彼らは全く努力せずに合格点を恵んでもらうことに慣れている。宿題なんか出されたこともないらしい。

    さらに甘ったれた学生なら、パパママまで巻き込んでくる。23歳にもなって、100%自分のせいで悪い成績を取ったくせにパパママに電話する連中を想像してみてほしい。
    • heart-w 卒業の時期になると、うちの学務課では警察沙汰が多発するよ。窓口の職員に怒鳴ったところでどうしようもないということを、あの人達はわかってない。ほんと頭おかしい。

    • heart-w 私の頃なんか宿題に一晩に2時間も3時間も費やしていたし、高校時代には授業の延長で宿題をやったこともあった。Z世代は失敗することをひどく恐れると言われているけれど、そのわりに失敗した経験がなさそうなのが不思議だね。
      • heart-b だからこそ不安なんでしょ。ちゃんと失敗して、その結果に対処するという経験を十分にしてこなかったから。

      • heart-b 失敗って練習が必要だよね。実際に失敗してみなければ、失敗しても世界が終わるわけではないと理解することができないし、打ちのめされずに立ち直ることも学ぶことができないのにね。
        • heart-b 競争的な環境で十分に失敗の練習をさせなければ、競争力のある人間は生まれない

        • heart-b 大学で見てきた限りでは、「どんな失敗もこの世の終わりだぁ」という考え方は、みんなの頭に叩き込まれているようだけど。

        • heart-b この子達は、無監視で本当に自由な環境で過ごしたことすらない。少なくともほとんどのミレニアル世代は2~3年にわたって、自分達だけで公園まで歩いたり、おままごとをしたりした経験がある。 年長の子供を持つミレニアルとして言えるのは、今の子供達に失敗したり自分で選択したりする自由を与えるには、膨大な労力が必要だということ。うちは、放課後に子供たちが集まって遊べるなど、歩行者文化のある場所をわざわざ選ばなければならなかった。

          そして、何か問題が起きたら非難されるのは自分だということを今でも強く意識している。子供達には本当のリスクを背負わせ、失敗について考えさせなければならない。でもそれには危険も伴うし、私達はリスクを極端に嫌ってしまう。
          • heart-w うちにはα(アルファ)世代の小さな子供がいる。Z世代とα世代では、教育や自立の面で大きな隔たりがあるよ。α世代の方が、自立した遊びやスクリーン外の時間を幼い頃から楽しんでいるように見える。Z世代はスクリーンなしではいられないようだし、逆境を受け入れるのにも苦労している。α世代がZ世代と正反対の結果を示していることは喜ばしいと思う。
            • heart-b 私が望むのは、2000年代から2010年代にかけて確立された、恐怖に基づく子育てに人々が反発することだ。少し年上の子供を持つ人たちから、子供の自立を優先してほしかったと切実に言われたことがある。バスの乗り方も知らない、自分で物事を進める術も知らない10代の子供たちがいるのだ。

              しかし、幼い頃からタブレットやスマホを使うアルファ世代の数、徒歩通学の悲惨な数字、若い子供たちの不安症や鬱病が依然として増加していることを踏まえれば、この変化が主流であるかどうかはまだわからない。

        • heart-w 彼らの失敗は評価基準に結びついてもいる。私が高校を卒業した頃にはまだ、標準学力テストで「不合格」になって痛い目を見るということはなかった。後進世代の生徒は、もし試験に落ちたら留年させると脅されていた。

          今の学生がなぜリスクを嫌うのか、それは現在のシステムが極めてリスク回避的で馬鹿げているからだ。カリキュラムを「成功」に対応できるよう見直す必要がある。今や課外活動は裕福な学校のためのものであり、小学4年生レベルの読解力が当たり前になってきている。

          教育の最初から最後まで、どんな失敗も大規模なシステム上の問題とみなされ、彼らは常に攻め立てられてしまう。


    • heart-b 「失敗はとてもとても怖いことですよ」と教え込まれて育てられ、そのために制度レベルで失敗から守られる必要があるようでは、子供が「何かに失敗したら自分は終わりだ」と考えるようになるのも無理はない。
      • heart-b この先、彼らの仕事や恋愛などでそれがどう影響してくるのか、興味深いね。

    • heart-w 数年間大学で働いていた。私達の仕事の一部は学位審査であり、学生の卒業を最終的に承認することだった。 学位取得の要件を満たしていない(あるいは特定の分野でのGPAが低すぎる)という理由で卒業を止めさせようとすると、学生や保護者が押し寄せてきて、学長に至るまであらゆるレベルに電話をかけて怒鳴り散らし、学部長や指導教官がやってきて、足りない要件を満たすために他の単位を使うか、あるいは完全に免除するように言うまでになっていた。 実際に努力している学生を侮辱しているようで胸糞が悪かった。

    • heart-w 数年間授業助手をしていたけど、子供達は宿題について延々と文句を言っていた。国語の授業では、夜に本を6~7ページ読むだけで泣き言を言っていた。私の頃なんか、毎晩30~40ページ読むのが当たり前だったのに。

    • heart-w いとこが大学で授業助手をしている。期末試験の小論文の締め切りがあり、教授が「締め切りまでに提出しなかった者は0点」という注意喚起のメールを送ったところ、経営者から「そんなことはできない」と言われ、間に合わなかった者も10%の減点で採点することになった。おかしいだろ。期限内に提出しなければ不合格。それだけ!

    • heart-w 地元の大学で教えてるけどこんなの日常茶飯事。

    • heart-w 母は10年ほど前まで法学部の教授だった。よくない学校ではあったが弁護士を輩出していた。彼女が2人の学生を落第させようとしたところ、学校が介入してきて、無理矢理合格にさせられたことがある。

    • heart-w 以前大きな大学で教えていたけど、今の成績評価は昔に比べて甘々になっている。もうひどいよ。教授は皆、学生と経営者の両方が期待する成績のインフレにうんざりしている。

      「高等教育」はどんどん下等になっているね。
    heart-b 叔父は高校の国語教師だけど、日々の仕事を説明するとき、PTSDを負った退役軍人みたいになる。誰も落第させることができない上に、今年だけでも何度も生徒にナルカンを投与しなければならなかったらしい。年金が満額支給されるまでの日数を数えているところ。
    • heart-w 経営者からの強迫や、学校での銃乱射事件の可能性は言うまでもない。

    • heart-b ほんと、やりがいとか言ってないで、ろくでもない仕事はさっさと辞めるべきだと思うよ
    heart-b 最近では、教師が生徒を落第させるためには、教師が9か月間必死に努力してもダメでしたということを証明しなきゃならない(週に10時間余分に補習をしてやったか? 遅れた課題を提出するチャンスを30回与えたか? など) 以前は、要件を満たせなかったり、合格できなかったりした生徒は留年していた。今では親や学校の方針などのせいで、子供を留年させることはほぼ不可能になっている。 だから中学校の教師などから「多くの子供が読み書きできない」という話が聞かれるようになってしまっている。
    • heart-w そもそも今「高等」教育を受けている子供のほとんどは、数十年前だったら入学自体していなかったであろう層だよ。現代は、多くの人が「教育不可能」とみなす層を丸ごと教育しようとしていることを忘れてはならない。いつかは、こんなことにどれだけのリソースを費やすべきかを再考せねばならないと思う。
    heart-b 大学で教育助手をしていたとき、学生のほとんどが中間論文で基本的な書式や引用の使い方を怠ったため彼らを落第させたところ叱責された。APAとMLAの使い方を3日間教えていたんだけど、それに従ったのはほんの一握りだった。私は成績を撤回し、全員を合格させ、その後両方のクラスに謝ることを強いられた。
    • heart-w ほんとに? 完全に間違ったメッセージを送っていると思う。仕事だったら、お情けで「合格」させてもらえたりすることなんかないのに。

    • heart-b 特に学問の世界でキャリアを積もうとするのでなければ、形式は中身ほど重要ではない。
      • heart-b 段落も分けられない学生に合格点を与えるつもりはないんだけど。
        • heart-w 「教育者は論文の『中身』よりも『つまらない細部』を重視しすぎだぁ」なんて文句をよく見るけど、十中八九、そういう連中の論文は中身もくだらない。ただの言い訳。

      • heart-b そうかもしれないけど、MLA標準にフォーマットすることさえできないということは、簡単な指示に従うこともできない、基本的な文章理解もできない、細部への注意力が欠如しているということだよ。
    heart-b 妻が教師だけど、この状況を強いているのは親だよ。子供達は親に泣きつくばかりなので、元利者は親に屈し、お情け点を付けるよう教師に強いるんだよ。

    妻はふざけた経験を散々してきた。不安症を理由に2か月学校を休んでいる生徒がいるが、病院に入院しているとか、セラピストと会っているとかいう実際の証拠を何も提出しない。妻は毎週時間をかけて、生徒が自宅で学習できるように、すべての課題を生徒宅に送っている。生徒は一度も課題を開いていないし、教室のポータルサイトにもログインしていない。経営者は生徒を合格させるよう言うだけで、指導カウンセラーは詮索することを拒否している。
    • heart-w かわいそう

    • heart-b 武器を学校に持ってきてもお咎めなしだし
    heart-b 成績をそのまま評価すべきでしょ。経営者が決めた成績じゃなくて。
    • heart-w 1000%同感。ダメな生徒に下駄を履かせたところで、社会にも子供達にも何の得にもならない。学校は既に、クラスの中下層を念頭に教えている。下層を数字だけ無理矢理中層に押し上げたところで、平均や最下位のレベルがますます下がるだけ。

      子供達は努力しなければならないし、何か外的な問題があるのなら、その子供達を助けるためのリソースを用意する必要がある。
      • heart-b 問題は資金調達なんだよ。州(と地方財政)のかなりの部分が、試験の成績や、生徒が及第したか否かで学費の配分を決めている。連邦政府からの資金援助は公立学校の経費の10%しかカバーしていない。

        資金が少ないということは、有能な教師が少ないということであり、備品が少ないということであり、建物のメンテナンスが少ないということであり、教室がパツパツであるということであり、教師が少ないということであり、学校が閉鎖されるということだ。

        学資に関する法律を修正する必要がある。そして外国に金を垂れ流すのをやめる必要がある。その金は自国の子供やホームレスに回すべきだ。

        • heart-w 米国のすべてのホームレスに家を与えたとしても、対外資金に影響はない(ホームレス65万人に家を与えるのに約130億ドル、彼らにアパートを貸すのに年133億ドル)。ただし、薬物更生センターや精神病院も必要なので、これだけではホームレス問題は解決しないけど。

          教育資金については、資金援助よりもはるかに多くの問題がある。米国では何十年もの間、公教育に対する攻撃が続いている。資金を増やすことは一助になるだろうが、それを必要とする地域に分配する必要がある。学校問題の解決策はひとつではなく、小さなことの積み重ねが問題を引き起こしている。

          また、将来の労働力を養成するために、無料の専門学校も必要。

      heart-b このような先生方に拍手を送りたい。私は高等教育機関で働いており、1つのクラスを教えている。3人の学生を落第させたが、後悔は一切していない。もちろん3人とも、追加単位を取れるか(私は認めていない)、どんな課題でももう一度見直せないかと訊いてきた。私は、彼らが選んだ課題を1つだけ見直すことができると伝えるが、注意点として、見直すことで加点されることもあれば、見落としていた誤りのせいで減点されることもあると伝えている。私は教師として悪い評価を付けられるが、学生に不当に高い成績を与えることは学生にとって不利益に他ならない。読解力、綴り、文法がクソみたいな18歳、19歳、20歳が出現しているのはそのせいだ。

      一方では、子供たちは甘やかされ、何もかも与えられて当然だと思っている。彼らに責任を持たせず、言われるがままにしてきた親にも責任はある。一方で、制度もめちゃくちゃだ。私の住んでいる州では、終身在職権を得るためには、最低でも70%の及第率を何年も維持しなければならない。クラスの半分がクソバカで、授業の内容を理解していない場合、及第率50%なんてこともあり得るが、教師は信念を貫くか、雇用の安定を求めるかを選ばねばならない。この制度が教育者にストレスを与えている。


      広告





      ブログランキング・にほんブログ村へ

      PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    言うまでもないかもしれないけど日本以外でも、空気読め無駄に失礼なこと言うなというのは、正常に社会的知能が発達した人間であれば当たり前に従っている、円滑で快適な社会生活のために必要なルールです。

    どことは言わないが「思ったことをズケズケ言う」という謎のステレオタイプで知られる欧州の国もありますが、そんな社会ですら現実には①普通によその国と同じで、気を遣って婉曲表現をしたり、面倒を避けるため面と向かって言うのでなく陰口や愚痴をブツクサ言う人が圧倒的に多いし、一方で②「正直という国民性」を言い訳にした知人間の心理的虐待は蔓延しているので、国民にすらこのステレオタイプを嫌がる人がいるくらい。


    social media
    SNSの精神的・社会的悪影響(特に青少年に関して)について
    「SNS」「メンタルヘルス」等のタグで度々取り上げています


    ↑インスタグラムの低民度を語るスライド画像集(抄訳は下記)。リアルよりも相手の反応が見えないネットの匿名空間で多く過ごすうちに、また他の人々がこのような攻撃を当たり前に行っているのを見て、相手が感情を持った生身の人間であり、自分の言動が他人に大小の影響を及ぼすという現実を忘れてしまうのかもしれません。

    このように想像力を欠く社会的知能の低い人々はおそらくリアルでも孤立しがちなため、ますますネット空間に吹き溜まり、このような悲惨な憂さ晴らしを常態化させるという、非建設的・自滅的な不幸の悪循環です。


    本ブログで何度か触れている主人公症候群(main character syndrome: 自分以外の人間は全員、自分の人生におけるのっぺらぼうの脇役・観衆・小道具に過ぎないと考える状態)も参照。

    • 1枚目:女性の「30歳、シングルです」という動画内発言に対して「覚醒剤歴30年だろ[中毒者は老け込む]」「30歳!? 腐ったミルクみたいに歳を重ねているんですね」「30歳(20年前に)」「30歳って言ったとこでコメント見に来たわ」「50歳に見えるよ」「これで30とかねーわ」「30歳×2」「キャットレディ[子供代わりに猫を飼う、変わり者の独身中高年女性を指す]」「80歳に見えないようになんとかしろ」「30なんてありえない。15か20足してちょうどくらいだろ」と彼女の容姿をボロカスに叩くコメントが殺到
    • 2枚目:魅力的な女性がイケメン彼氏と撮影して投稿した人畜無害な幸せカップル写真に対して「もっといい、上品な女を探せよ」「この男浮気してるだろ」「もっといい女いるのに」「なんで4点と付き合ってんの」「なんで10点が3点と付き合うの?」「この男性はあなたにはもったいないよ」「女のパパが金持ちなんだろ」といった嫉妬のコメントが殺到。なお、このように男女を容姿の点数で呼ぶ(=非人間化する)のも一部文化圏では当たり前。

      嫉妬にしても、なぜ男性が彼氏じゃなくて彼女のほうを叩いてるんだろうと思ったら、「女は分を知れ。そして俺みたいな非モテと付き合うべきだ[これにはneggingという専門用語まであるらしい]」「俺に見向きもせずイケメンに群がる女どもはクソ食らえ[酸っぱい葡萄的ヘイト]」「イケメンは女を独り占めにするな、俺にもよこせ」といった心理から、このような男女を引き裂こう、女性達の自尊心を傷つけようとするのでは? という指摘。

    広告

    heart-b インスタっていうかSNSの縮図

    heart-b こういうコメントをする人はきっとみんな、自分の社会能力の欠如に苛立っているんだと思う。満ち足りていて積極的に性生活を楽しんでいる人なら、こんな低劣なことをやってるヒマはない。
    • heart-w これ。負け犬が自分を慰めるために女性を叩くんだよね

    heart-b facebook / metaは、自社のエンゲージメントアルゴリズムが積極的に否定的な感情を食い物にしていると公言している。こういうコメントが集まるのは、彼らのプログラミングが意図した通りだよ。

    heart-b インスタのコメント欄はマジでYouTubeよりひどい
    • heart-w インスタでは「エンゲージメント」を促進するために、アルゴリズムがバカなヘイトコメントをトップに押し上げているんだよ。
      • heart-b マイク・タイソン「お前らはSNSのせいで、他人に無礼を働いてもぶん殴られないということに慣れすぎている」

      • heart-b 「社会がこんなに滅茶苦茶になったのはSNSの責任も大きい」という意見に疑問を呈する人もいるけど、実際子供も大人もこういうゴミを見て、「こういう言動は許されるんだ」と思うようになってしまっているじゃない。ホント反吐が出る

      • heart-b 本当にインスタなんて使うもんじゃない

    • heart-b YTのコメントには時々いいものもあるけど、インスタはみんなお互いに貶し合ってるだけ

    • heart-w それでもTwitte/Xよりはマシだという地獄
    heart-b この女の子が3点なら私なんかマイナス5点なんだけど
    • heart-w コメ欄の奴らはインスタグラムフェイスばっかり一日中見てるから、感覚が麻痺してるんだよ
      参照:インスタグラムフェイス 女性はもともと横並び志向が強く、インスタ上で理想とされるトレンド顔に近付けるために、右へ倣えで同じ金型の美容整形を行ったり、フィルターをかけたりする人がどんどん増え、同じ顔症候群が発生し続けている。例えばカーダシアン姉妹が流行ったときには皆が皆、顔のパーツから髪色、肌色、メイク、ファッション、話し方まで彼女達を真似ていた。「社会が理想的とする女性を真似て、効率よく自分の性的/社会的価値を上げたい」という本能的な性戦略の心理に、SNSがステロイドを投入している状態。「美容」タグなどで過去記事あり。
      baq8f34fnge51
      • heart-b でもこの子もインスタグラムフェイスだよね

      • heart-b こういう奴らの大半は、ネット上で見る女性を貶して「自分レベルの男と付き合うべきだ」と教え込もうとしているんだと思う。特に魅力的な女性に対して。女性を貶め、「わきまえさせる」ことで、自分達みたいな負け犬に彼女達が流れてくる可能性を高めようとしているんだよ。

    • heart-b インセル[他責的・女性蔑視的な非モテ童貞]は、女性を「数段引きずり下ろす」という奇妙なことをやってる。彼らの脳のどこかで、魅力的だと思う気持ちが怒りに変わるのは、自分が彼女達から見向きもされないであろうことを知っているから。
      過去記事(確か「メンタルヘルス」か「フェミニズム」タグ)
      で取り上げた、典型的なインセルの投稿。

      rtjox91a12c71
      • heart-b SNSが普及する前には、クソみたいな男が女性にフラれた場合、彼らは「あんなブスと付き合いたくねーし」と負け犬の遠吠えをやっていた。

        この現象はそれの現代版だよ。ただし彼らは引きこもっているので、自分の怒り/欲望の対象と実際に会うことがない。どうせ彼女達は自分なんか鼻にも掛けないと彼らは知っている。だからナンパの試み自体スキップして、最初から「どうせお前なんか欲しくねーよ、ブース」とやっているんだよ。フラれる前に自分からフッてやるということ。

    • heart-w 2人目の女の子を3点だと考える男は2種類いるとみて間違いない。22歳以上の女性はババアだと考えるタイプと、女性の胸より上を見ないタイプ。
    heart-b え、びっくり。1枚目の女性とは友達だけど、とても優しくて面白い人だよ。ネット上で彼女にすごく失礼な人がめちゃくちゃ多いんだよね
    • heart-w どういうコンテンツを作る人なの? 自分の容姿をネタにしているのなら、そりゃイヤなコメントが集まるのも仕方ないよ。でもインスタはエンゲージメントを増やす場だから、彼女もわかってやってるんだろうけど(-20)
      • heart-b 彼女はコメディアンだけど、自分の容姿に言及するのは変なコメントやDMがあったときだけだよ。それ以外の時にはあまり自分の容姿の話をしないけど、一方的に、何の理由もなく、余計な意見を送ってくる人がたくさんいるんだよ

    heart-b インスタは人種差別もヤバいよね

    heart-b インスタのコメントは他と比べ物にならないくらい本当にひどい

    heart-b 私のいじめっ子は昔、MySpaceで「部屋の隅で手首を切ってゆっくり死ね」って言ってきた。ネットには憎悪でいっぱいの人がウジャウジャいるよ

    heart-b こういう底辺は、どちらがよりひどい侮辱を書けるかを競い合って、同じ底辺の友達にいいねの数を自慢するんだよ。

    heart-b すごいね。親の顔が見てみたい

    heart-b 2枚目に関しては、インスタの自分上げ投稿にうんざりしてる人が多いせいじゃないかな。どこのプラットフォームも自慢投稿ばっかりだし

    heart-b インスタのコメ欄は鉄面皮にしか向いてないよ

    heart-b 私がネットで顔出しすると、プロフィール画像をアニメキャラにした男性から「ブッサ🤣🤣🤣」ってコメントが殺到するけど、その人達はアニメキャラに隠れて自分の顔を明かさない

    heart-b 残念だけどこの程度の女性差別は日常茶飯事。男性は昔から25歳を過ぎた女性を嫌ってたけど、昔はネットがなかったってだけ

    heart-b SNSは有害な便所の壁。昔からずっとそう。驚くことじゃない
    • heart-w それはそうだけど、そもそも非公開にしてればこういう奴らも集まってこないのに、なぜ?

    • heart-w インスタは昔から意地悪で残酷な空間だよね。

    heart-b こういう連中も、リアルでは普通の人間の顔してその辺を歩いてるんだよね。うちの娘がこんな風に育たないように祈るしかない。


    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    欧米諸国の「先進的な(笑)」ジェンダーケアがいかに無謀で無責任か(盲目的な「欧米を見習え」がいかに危険でありうるか)という話。本件は10年もすれば、メンゲレの実験(←本件の子供達と同様、インフォームドコンセントは不在)やロボトミーと同レベルの非道として記憶されているだろうとの予測までちらほら。

    これらの国々では「性同一性障害」と診断された児童に対し、既知の長期的なリスクに目を瞑って無責任に通称「二次性徴抑制剤(puberty blockers、思春期ブロッカー)をバカスカ投与し、心身の成長を阻害して彼らをボロボロにしてきたが(次のテーブルとコメントエリア参照)、身体的・知的な悪影響のわりにメンタルヘルスに全然改善が見られないじゃん参照ということで数年前から逆に禁止の動きが出てきています。

    性適合プロセスに伴う深刻な健康リスクを指摘することは、なぜかトランス界隈で「トランスサベツ」としてタブー化されており、結果としてリスクを聞かされずに(=インフォームドコンセントなく)上記のような「ジェンダーケア」を受けさせられた元トランス児童らによる訴訟も起き始めているとのこと。例  

    下のコメントエリアにも度々指摘されていますが、特に民間事業・医療機関がやりたい放題のアメリカでは、「性適合/ジェンダー肯定ケア」(一生続く高額なホルモン療法、性器形成、美容整形、心理療法など)が超巨大産業になっており、彼らがメディアとの連携のもと、同国における昨今の「トランスブーム」や、これを一切批判できない空気を積極的に醸成しているのでは? という話を「LGBT」タグでかなり前にも取り上げています(参照リンク)。
    もちろん、実際に性同一性障害を持つごく少数の人々のためにこれらのオプションが開かれているのはよいことです。しかし特に身体的な性適合過程が非常に侵略的・不可逆的であり、時に命にすら係わるものである以上、このような捕食的なビジネスの現実的な危険性をしっかりと教育し、どんなそれらしい権威を盾にしていようと怪しげな主張には積極的に食いついて退けていくのは、子供達を守り、その健全な成長をサポートすべき大人の責任であると思います。

    また、特に自閉症やメンタルヘルスの問題を持つ子供達がこのビジネスの食い物にされているというのもよく指摘されている懸念です。例えば双極性障害や自閉症による生きづらさ(特に、女性社会特有の機微をうまく読めない自閉症女性の場合。彼女達の80%が未診断とされる)を「それは、あなたがトランス/ノンバイナリーであるせいだ。本当のあなたは女性ではないんだ」とかテキトーに誤診されたり説得されたりし、
    丁寧で包括的な心理的評価も受けずに異性にチェンジ→乳房や生殖器を切除してから混乱フェーズを卒業してやっぱり後悔、なんてことも(あと、実はトランスじゃなくて同性愛者でした、ということも)あるようです。

    ↓自閉症コミュニティとトランスジェンダリズムとの重複は、単なる偶然か、藪医者の誤診(または客に言われるままの診断)に負うところが大きいのか。心身が成長しきるまでセラピー+抗精神病薬(鬱病、不安症、多動症等一般的な併存症に対して)で様子見という確実なアプローチではなく、自己認識や判断力の未熟な子供達を彼らの求めるがままに切り刻み、深刻な健康リスクを伏せて「思春期ブロッカー」で彼らの心身に一生もののダメージを与えることは、長期的に当人達を益するのか。
    c9d394f79303654186201b307247794e

    以下は上記の各記事への反応。コメントしてるのは主に、キリスト教保守の年寄りとかではなく、反アイデンティティ政治、反「リベラル・プログレ(自称進歩派)」の左翼、この画像でいったら左上が中心の若年層です(リベラルと左翼は同義ではない)。リベラル・プログレ=ポリコレ層は左下。現代に蔓延するポリコレ系ビジネスは、左下と右下(リバタリアン右翼、新自由主義)のラブチャイルド。
    na0b7jcff7181

    広告
    heart-b なぜこのようなことがトップから強く推し進められるのか、理解できない。

    彼らは子供達のケアや結果には関心を持っていない。トランスジェンダーを増やし、子供達にホルモン剤を投与することに関心があるように見える。
    • heart-w なぜでしょうねえ
      ↑Federalistの「トランスジェンダーイデオロギーを制度化している富裕な白人男性らは何者なのか」というだいぶ前の記事。関連過去記事でもこれ貼ってますが、特に米国においてジェンダービジネスは巨大な金蔓

    • heart-w ヒューマン・ライツ・キャンペーン、ストーンウォール、GLAADのような団体を存続させるため、議席を維持するための手段とも考えられるかもしれない。オーバーグフェルの後に飯のタネにできる人権問題がこれだったのだろう。自然な結論が得られないプロジェクトが彼らの膝の上に落ちてきたのは、なんとも都合がいいように見える。
    heart-b 子供達にブロッカーを投与し、性適合手術を行った奴らは全員医師免許を剥奪され、投獄されるべきだと思う。

    トランスブームは自閉症コミュニティを蝕み、私はこの異常現象のせいで複数の友人を失った。時には友情だけでなく、命までも。
    • heart-w 正統マルクス主義者 医療産業複合体の自閉症からトランスへのパイプラインはものすごくいやらしい。

      - 認知的な問題のために周囲から孤立していると感じている大量の人々。
      - 社会的な合図やボディランゲージが不要なネット空間の方が彼らには居心地がよいので、彼らはそこに引きこもる。
      - ネットに常駐する連中は、「自閉症者が社会的に孤立していると感じるのは、『本当の自分』と違う、間違った性別として生きねばならないせいだ」と彼らに思い込ませる。
      - 医師は性適合ブームの莫大な収益性に躍り上がり、これらの人々に不可逆的な薬や手術を処方する。 - 「活動家」やNGOは、こうした個人の新しい「アイデンティティ」が「有効」であるかのように装い、彼らの心身二元論を肯定するよう、皆に強制し始める。
      - 自閉症者らは、適合後の自分達が(申し訳ないが)バケモノのように見えるにもかかわらず、社会的能力を欠いているため、それが実際にどれほど破滅的なものであるかを理解することができず、社会的圧力のために、世間の誰も「お前らバケモノみたいだよ」と言うことができない。
      - このような人々は、適合前と同じように社会的能力を欠くが、ハロウィーンパーティーのために娼婦の格好をした酔っ払いのおっさんのように見えるというハンディキャップを得ることができた。
    • - 収益チャリンチャリン
    heart-b 皆保険の利点の一つは、こういう滅茶苦茶なキチガイ沙汰を全面的に止められることだよね。
    アメリカには皆保険がない
    • heart-w アメリカでは、民間医療とそれに付随する巨額の経済的インセンティブがあるからこそ、こういうバカげたホルモン何たらの「医療」慣行が蔓延している。
      • heart-b (この狂気で大儲けしている)医師を信じたまえ
    heart-b 古典的リベラル 最初からこのくらい慎重にやるべきだった。残念ながら、「進歩派(プログレッシブ)🤡 」が「ナチ! ファシスト!」とレッテル貼りをしてきたために、望ましい医学的アプローチに関するあらゆる議論が事実上封殺され、まだ解明されていない高度に実験的な治療法に子供達が晒されてしまった。生物医学の専門家として私は、世間がこのような方法を受け入れ、医療関係者がこのような方法を望んでいたことが信じられない。他のあらゆる分野で、科学は非常に保守的なのに。それには訳がある。我々は、治療にあたってそれ以上の害を引き起こしたくないのだ。

    これは、声高な少数派がいかに社会を乗っ取ることができるかという興味深いケーススタディになるはずだ。この実験に被験者として参加した人々にとっては、「興味深い」というより「悲劇的」だが。
    • heart-w 古典的リベラル カネと仕事がかかっているんだから、別に驚くことではないと思う。病院や保険会社は 「ジェンダー肯定ケア 」で大金を稼ぎ、そのやり口に従わない者は追い出すことも厭わないよ。

    • heart-b 反資本主義聖戦士 「ジェンダー肯定ケア」が野火のように広まるまでの数十年、青少年の性別違和に対する標準的な治療は「見守る」というアプローチだった。これはその名の通り、性転換に頼らずとも、時間と治療によって解決する可能性のある、性別違和の潜在的な根本原因を解決するために、患者と関わり続けるアプローチだ。例えば、虐待(性的虐待を受けた若者は、暴力を振るわれた自分の体にいたくない、あるいは虐待者にとって魅力的でないように変わりたいと考える)、自閉症(自閉症と若者の性同一性障害の間には、特に女児において大きな重なりがある)などがあるかどうかを判断する、 同性愛や性別不適合(性別違和を持つ人のほとんどは思春期を過ぎるとそれを卒業し、そのほとんどは単に同性愛者であることが判明する)、あるいは思春期にもたらされる一般的な不快感(その時期に自分の体に不快感を覚えない子供がいるだろうか?)。これは、最近のジェンダー肯定ケアブームが起こる前の非常に長い間、既定の治療法だった。

    • heart-w マルクス主義-ホビー主義 トランスをめぐる現在のヒステリーは、90年代の「抑圧された記憶」ブームを思い出させる。精神医学の専門家が「抑圧された記憶」という考え方を認めた途端、カルトの儀式で虐待されたことを「思い出す」人が続出し、狂気の沙汰となった。「抑圧された記憶」によって発覚した犯罪で有罪判決を受け、刑務所に入れられた人もいた。精神医学の専門家は、これはすべてホンモノだと主張した。

      その後、こうして有罪判決を受けた人々が無実であることが証明され、その熱狂が丸ごと崩壊した。抑圧された記憶を報告する大量の人々は消え去り、そのような話を耳にすることはなくなった。

      トランス・アイデンティティの急増でも、同じことが起こるのではないかな。
      • heart-b 古典派リベラル 確かにとても似ている。ヒトという種は本当に学習しないね。

    • heart-w > これは、声高な少数派がいかに社会を乗っ取ることができるかという興味深いケーススタディになるはずだ。

      この話題の収益性が全てだろうね。

      「インディーズ」スタイルや「サブカルチャー」とされているはずのものはすべて、高度に企業化されている。自分がいかにユニークな人間であるかを示すために、誰もがHot Topicでものを買っていた時期があるだろう。この件は製薬業界にとって紙幣印刷機に等しいので、より過激になっていると思う。

      また、「進歩」という側面もある。トランスジェンダーの問題は、ゲイやレズビアンの問題に続く自然な流れだとほとんどの人が考えていた。例え本心ではそれを支持していなかったとしても、「かわいそうな抑圧された少数派さん」の問題ということにされていた。この少数派は巨大な利権に支えられていたのだが、今日に至るまで、ほとんどの人はその程度に気付いていないと思う。

      同性愛者の権利に関するマイルストーンに到達したことで、多くのNPOは楽な仕事と莫大な予算を手放さねばならなくなった。

      • heart-b 古典派リベラル そうなんだよね。プログレは何か「抵抗すべき抑圧者」が必要だし、 NGOやチャリティ団体にはカネが必要だし、そのためには大義名分が必要なんだよね。
    heart-b 思春期ブロッカーへの批判に対し、「アメリカの保守はトランスを殺そうとしている!」とかヒステリーを起こしているアメリカの「進歩派(笑)」は、ヨーロッパの医療システム(オランダ、フランス、スウェーデン、ノルウェー…)が科学に基づいてブロッカーから遠ざかり始めていることをどう思うんだろうか
    • heart-w プログレは認知的不協和をまったく感じることなく自分の立場をコロコロ変えるから。「ヨーロッパの白人極右政権どもは、当然子供達のための健全な医療プログラムを後退させている! こんなだからヨーロッパは大量虐殺だらけなんだ!」とか本気で言いだすよ
    heart-b 複数のヨーロッパ諸国が、反ブロッカーの流れで足並みを揃えているわけだが、なぜ活動家コミュニティは沈黙しているのだろうか? なぜメインストリームメディアは、英国や北欧諸国を「薄汚いトランスサベツ、ウヨク、人殺し!」と誹謗中傷し、24時間365日彼らを攻撃するオピニオン記事を掲載しないのだろうか?
    • heart-w 活動家コミュニティはいつも通りに憤慨しているが、彼らにも「もう自分達にはどうしようもない」という感覚が強まっているのではないかと思う。社会は、彼らが精神的に不安定で、暴力的で、体だけ大きくなった幼児であることに気付いている。彼らは議論の一部ではなく、議論されている問題の一部に過ぎない。

    • heart-b 私はイギリス出身だけどカナダに8年住んでる。経験上、カナダ人は道徳的な時代の風潮に逆らうことを怖がるが、イギリス人は特に「希望する代名詞」みたいなものに関して、意見を変えるよう指図されることを嫌がる。また、イギリス人は中道左派と中道右派の間の対話に寛容なのに対し、カナダではすぐに「極右! サベツ主義者!」と決めつけられることがとても多い。

    • heart-w アメリカは国自体がカネ儲けのためにできてるが、ヨーロッパはそうではない。アメリカだけでトランス問題がこんなに大荒れしているのもそのせいだ。アメリカでは、単に鬱病を患っているだけの人を「あなたはトランスなんですよ」と騙して、高額なホルモンを一生買わせ続けるんだから。

    heart-b リバタリアン・スターリン主義者 そもそも、「二次性徴阻害剤」として承認された薬なんてないんだよね。これは抗癌剤の適応外使用に過ぎない。

    子供達に「思春期ブロッカー」を称して投与されているのは、前立腺癌と子宮内膜症の治療のため処方されるGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)の合成類似化合物。彼らに説明されなかったその様々な悪影響については以下のコメント参照
    heart-b オート構造セルフディフェネストレイター 文化的な脳腐敗は、「思春期とは大人の生理機能を発達させるために必要なのではなく、自己発見のための手段や、セクシーな青春物語のアークに過ぎない」と多くの大衆に思い込ませた。これは、トランスヒューマニズム医療がすべての併存症も解決してくれるであろうというカーゴカルト的な思考とともに、こうした医療プロトコルを無謀にも受け入れるというシュールな雰囲気を醸成している。

    ある若い脱トランス女性が、「子宮摘出が必要になる可能性があることは治療開始時に知っていたが、そうなる前に医療が問題を解決してくれるだろうと考えていた」と言っているインタビューを観たことがある。
    • heart-w リスクを認識する人々の能力を権威者が最小化していること、そして子宮摘出手術の話題について、性適合を考えている少女たちが、子宮摘出手術と認知症との関連について知らされないことも奇妙だと思う。例えば、子宮摘出に関するhealthlineのページには全く触れられていない。
      • heart-b 驚くにはあたらない。多くのトランス権利活動家タイプの多くは、「医師は若者に、性適合に伴うリスクや合併症を知らせてはならない」と本気で考えているから。

        Buck Angelの騒動を見てみろ。彼が膣萎縮の問題について正直に話したところ、世間は彼を「トランスコミュニティへの極端な暴力だ!!!1!」と袋叩きにした。彼は、文字通り自分が経験した合併症について話しただけで、米国で最も尊敬されるトランスタレントの一人から、「危険なファシスト」へと降格されてしまった。

        • heart-w トランス大好き😍 しかも、その合併症はほぼ致命的だった。彼は死に至る可能性のある合併症について人々に警告しようとしていただけなのに、そのために「ファシストのトランスサベツ野郎」というレッテルを貼られてしまった。
    heart-b 安全で効果的でぇす(笑)
    • heart-w 完全に可逆的でぇす(笑)
    heart-b いつも唖然とさせられるのは、「二次性徴抑制剤は完全に安全で可逆的でぇす」と断言するRedditユーザーの多さ。彼らは、早すぎる思春期をより正常な時期まで遅らせるためにその薬が使われた研究を挙げてみせるが、典型的な時期を過ぎても正常な思春期を遅らせることが安全かどうかについては、まったく何も語られていない。このドグマ全体が嘘に基づいているにもかかわらず、Redditの大半を支配している活動家らは、この問題を提起する人物を積極的に排除し、放逐する。

    おかしなことに、Redditの管理者らは「誤った医療情報」ポリシーが自分達にも適用されるとは考えていないらしい。
    管理者ら含め、Redditの思想的偏向や極端な言論統制は悪名高い
    • heart-w マルクス主義-ニクソン主義 この話題や関連する話題がタブー視されること自体キチガイ沙汰。

      何千人ものティーンエイジャーに思春期ブロッカーを飲ませ、何百万人もの人に様々な薬(SSRI、ベンゾ、避妊薬)を飲ませることが、どのような理由であれ、どんな理由であれ、どこにも一切悪影響を及ぼさないとか。農薬や動物成長ホルモンは言うを俟たない。
      • heart-b トランス大好き😍 一時期薬局で働いていたけど、自己治療(特に発育途上の子供の体に)で薬を投与することの影響を軽く考えてる人が多すぎて驚いた。

        そもそも今の「トランス・キッズ」ブームが爆発的に広まる前から、思春期早発症患者に与えたダメージに鑑み、ブロッカーが危険であることはわかっていた(ルプロン訴訟を参照。IQに恒久的な影響)。しかし、トランス問題がリベラルにとって聖なる不可侵域となり、反対すれば「トランスの若者へのサベツだぁ」と非難されるようになってしまったおかげで、製薬会社は、完全に健康な子供達に思春期ブロッカーを消化させることに成功したんだよ。

    • heart-w 21世紀のロボトミー

    • heart-w トランスジェンダー 私はトランスだと明かしているときにさえ、「子供達に関するこのトランス医療コンプレックスに懸念を持っている」と言うと、いろいろな板で大量の低評価を食らってきた。例え性同一性障害の子供であっても、すべての子供には思春期を経て、肉体的にも精神的にも正常に成熟する権利がある。ジェンダーやセックスの仕組みさえ理解できないほど幼い時期に、感情的な苦痛を表現することを理由に、子供からそうしたものを奪うなど忌まわしい考えだ。「善意から」その逆を訴える人の多さにも驚愕する。子供の性転換を支持する人々は、トランスの幸せを考えているのではなく、トランスという考えを支持しているに過ぎない。

    • heart-w 世界システム理論家 こういった薬が可逆的だと主張する連中には呆れる。あたかも、10歳から服用している人が20歳で服用をやめれば、20歳で通常の思春期を迎えることができるかのように。現実:人間が20歳で思春期を迎えることはない。思春期は一度きりであり、それを逃したらおしまいだ。ブロッカーを服用したトランスの中には、適切な適合手術を受けることさえできない人もいる。なぜなら、テストステロンを抑制してきたためにペニスが小さいままなので、偽膣を作る材料がないからだ。

      これらの薬が完全に可逆的で、永続的な影響がないと考えている人は、生物学についてまったくの無知だ。創造論や気候変動否定論と同じくらい無知だ。

      • heart-b しかもこういう主張をする連中に限って「科学を信じなさい」とか言うんだよねえ

      • heart-w 科学じゃなくてカルト。トランスジェンダリズムは新興宗教

      • heart-b 「誰も思春期が起きることに同意していないのだから、それを止めるのはあなたの権利だ」という主張まであるね。生物学を真っ向から否定し、その機能を無視している。この件に関して、我々の方が押し返しているらしいのは喜ばしいことだが、本来なら大人に守られるべきだったのに手遅れだった子供達のことを考えると胸が痛む。

      • heart-b 何がバカげているって、この治療プロトコルが可逆的かどうかを評価するのに十分な期間さえ経過していないということだ。広範な不妊症になる可能性はかなり高いが、それが顕在化するのはさらに5~10年先のことだ。

      • heart-b ジャズ・ジェニングス

        薬ごときで母なる自然を止めることはできないし、薬をやめればすべてが正常に戻るなんて期待することはできない。

        フルオロキノロン系抗生物質と呼ばれる薬物は、腱の断裂や不可逆的な神経損傷を引き起こしている。

        このような人たちが年を取ったときにどんなおぞましい経験をするか、想像することすら恐ろしい。

        • heart-w トランス大好き😍 『I Am Jazz』は、子供達を「性適合」させるのがいかにとんでもない考えかを証明している。あのかわいそうな子は病気で、鬱病を持ち、おそらく自分で自分の面倒を見る認知能力すら欠いている。彼は健康上の問題や障害を数多く抱えており、まだ21歳だ。30代になったとき、彼は悲惨な状態に陥っていることだろう。
          • heart-b 産業革命は災厄だった 45kgも過体重なんだって。かわいそうに。

            ジャズは普通のゲイ男性に育っていただろうに、両親は彼を切り刻み、彼のポン引きになってしまった。

            いつかジャズが幸せになれるといいけどな。
            冗談みたいな話だが、自己顕示欲のために子供を実質無理矢理トランスにし、「アタシって理解あるいい親でしょ?」アピールのためショー動物のようにひけらかし、カネ儲けに利用する親は実際たまに存在するらしい。LGBT系の過去記事にそういう例も上がってます。

    • heart-b プチブルジョワ あるRedditの板には、DIYで抑制剤の使い方を説明し、未成年と思われるユーザーにホルモン剤を送っている管理者までいた。

    • heart-w より大きな問題は、「同級生の中でただ一人思春期を迎えなかったとしても、何の悪影響もない」という主張だと思う。クラスで一番最後にお尻や胸が大きくなり始めた女の子や、クラスで一番声が高いチビ助の男の子※が経験する苦悩や社会的孤立を思い出してみてほしい。さらに、このような経験を5年以上続け、16歳になってもまだ思春期を迎えていない状態を想像してほしい。さらに、すでに性別違和の感情を抱えている人に、この状態を押し付けることを想像してみてほしい。

      それが性心理の発達に影響を与えないと信じろというのか? 性同一性障害の感情を深めたり、性転換を受けねばという確信を強めたりする可能性がないと思うのか? それはかなり並外れた主張であり、並外れた証拠が必要になるだろう。私の知る限り、思春期ブロッカーの支持者はまだそのような証拠を出していないし、あなたが言うように、その証拠を求めるようものなら悪魔扱いされる。

      ※性ホルモンを抑制すれば、エストロゲンに反応して骨端板が閉じるので身長は高くなるだろうが、アンドロゲンがなければモヤシのように痩せて弱々しい男性になるだろう。

    広告
    heart-b 世間は、電気ショック療法と「医療的ジェンダー肯定」とには後退的-進歩的な尺度があると思っているけど、10年後にはどちらも同じようなもんだったということで片が付いているだろうね。
    • heart-w みんな、人類が犯した過去の過ちについて振り返るわりに、まるで現在の人類が何百万もの愚かな過ちを犯していないかのように考えるが、ヒトという種はほとんど進歩していないし、未だに魔女裁判や、ホロコースト、ロボトミー手術などを行うことができる。

    • heart-b でも、電気ショック療法は多くの症状に対して有効だと科学的に証明されてるよ。このジェンダーに関する騒動は、ヨーゼフ・メンゲレが行ったことと同列に扱われるべきだと思う。
      • heart-b アナーキスト(無理) レインボー・メンゲレと呼ぼう
    heart-b 子供がこのような「治療」に同意できると考える者からは医師免許を剥奪すべき。

    いや、この質問に答えられるのなら、医師免許は剥奪しなくてもよいかもしれない。「子供の自己診断が福音として受け入れられ、その子の人生に関わるすべての人に『肯定』されなければならないような病状が、他に存在するか?」
    • heart-w 性同一性障害はしばしば他の精神疾患とともに発症する。これらは無関係な場合もあれば、他の病気が原因で性同一性障害が起こる場合もあり、また他の病気が原因で性同一性障害が起こる場合もある。記事にあるように、患者にとって何が最善であるかが重要だよね。

    • heart-w 全自動豪華空間共産主義愛好家 同感。支持者の口から「完全に可逆的でぇす」と何度聞いたかわからない。
      • heart-b 社会民主主義者(19世紀型) よくお念仏のように繰り返されているよね。私も最初はそれを信じていたけど、2分も考えてみれば、重要な成長期にホルモンを抑制することの悪影響は明らか。
        • heart-w 全自動豪華空間共産主義愛好家 そう。また、思春期を迎えられるのは一定の期間しかない。思春期を抑制したために性器が未発達の人、特に中途半端なトランスジェンダーの子供は、十分な組織がないため、再分化手術すら受けられないという話を聞いたことがある。性機能障害は言うまでもない。本当にデタラメな話だよ。

      • heart-b 多くの医師が「可逆性」に全面的に賛同しているのを見ると目の前が暗くなる。

        人間の性的発達は、YouTubeの動画のように一時停止できるものではないというのは既知だ。思春期ブロッカーを使って重要な時期に思春期を止めてしまうと、その時期に起こったはずの発達が永遠に起きなくなってしまう可能性が高い。極端な例だが、思春期が始まってから16歳まで思春期ブロッカーを投与した場合、その人が遅れて思春期を迎えることはなく、カストラートのようになるだろう。
        • heart-w 常識のある人ならこんな話には賛同しないと思う。おそらく、この風潮に黙って従わなければ医師免許を失い、ブラックリストに載るという恐怖が勝っているのでは?

          真面目な話、誰もが従わなければならないこの台本を書いたのは一体誰なんだろう? 科学的根拠がないところを見ると、医療者ではないはず。政治的なものに違いない。政治と宗教を混ぜるべきでないのと同じように、政治と科学を混ぜるべきではない。

    • heart-b 「脳や心と物理的な現実との間に断絶がある場合、心が正しいと考える他の病気は何ですか?」
      • heart-b サヴァン馬鹿😍 あの人達は物理的現実の存在を否定するんだよ。「性は時代遅れの生物学的概念であり、小学校で1が最小の数だと教えられたからといって、それが真実であるとは限らない」という風に。
        • heart-w サイケデリック社会主義者 ポストモダニズムの病

    heart-b プログレの信念:自閉症、鬱病、思春期にうまく対処できない女の子は乳を切り落とすべきです

    heart-b 子供の頃、国のサービスに虐げられた者として、子供達にこのようなことが行われているのが歯がゆくて死にそう。

    お前らが大人になってから性別、人種、種を変えたがるのは構わない。なんならクラファンに協力してやってもいい。

    しかし、子供達には手を出すな。そっとしておいてやれ。

    大抵の子供は、時間とともに性同一性障害を卒業する。子供達に必要なのは、思春期ブロッカーや乳房切除ではなく、メンタルヘルスのサポートやピアサポートグループだよ。

    こんなことを議論する必要があること自体、信じられない。
    • heart-w ほんと、16歳や17歳以下の子供の場合、性転換の議論自体すべきではない。

    heart-b 教父学共産主義者 我々はヤンキーどもの教条に徹底的に抵抗すべき

    heart-b 外見的な理由で子供の思春期を阻害するという考えは、完全に狂気的なペドの寝言でしかない。

    加えて、長期的にどのような影響があるのか、確かなことは誰にもわからない。私が一番懸念するのは、思春期は身体だけでなく脳にも大きな変化をもたらすという事実だ。あのジャズ・ジェニングスという子は、長い間思春期ブロッカーを投与されていた。かわいそうに、あの子は社会で大人として機能することができないようだ。めちゃくちゃな家庭と知名度のせいなのかもしれないが、年を取ってからもペドジジイのオモチャにされやすい見た目にするため投与された薬物によって、文字通り知恵遅れになったせいかもしれない。
    • heart-w ルプロン訴訟について調べると、子供の頃に思春期早発症のために思春期ブロッカーを服用し、大人になってから問題(主に葉や骨のもろさ、生殖器の問題、不妊など)を抱えることになった人たちの証言を聞くことができる。

      そしてこれらは、ブロッカーで思春期を 「休止 」させた後、幸いにも正常な思春期を再開させることができた人々だ。自然な思春期を経験することを許されず、子供の頃から不自然な量のホルモンを注入されてきたジャズ・ジェニングスのような子供にとって、自体がどれほど悪くなるか想像してみてほしい。

      現代の 「トランス・キッズ 」らがが30代にさしかかり、こうした医療介入がすべて追いついたとき、ジャズのような人々はバタバタと死に始めるだろうと私は予測している。身体が耐えられる虐待には限度がある。
    heart-b 3つ目のリンクに、追跡調査は12か月しか行われないとあって笑った。12年間の間違いではないのか。子供達が成長し、自分達が子供の頃に下した、あるいは親が自分たちに代わって下した判断が、長期的でほぼ永久的であることに気付いたら、多くの訴訟が起こるような気がする(イギリスではこれがすでに始まっている、Keira Bellを参照)。脳の発達は25歳まで終わらないのに、彼らは10代で一生不妊になりたいかどうかを決めているんだからね。これからどうなるかね。
    • heart-w サヴァン馬鹿😍 その時にはもう手遅れだよね。そうなればこの件に関するスキャンダルが起こり、誰もが一斉に「我々はなんて盲目だったのだろう」と言うだろう。しかし、それまでは「トランスサベツ」と呼ばれることに慣れるしかないね。
    heart-b 時々NATOファン 脳がクソリベのプロパガンダに毒されていない限り、思春期ブロッカーの有害性なんか明らかだ。ああいうものが長期的に何らかの影響を与えないと言う者は、知恵遅れか悪党かのどちらかだ。この話題には本当に耐えられない。アメリカにはブロッカーの有害性を信じていない者が大量にいるからだ。しかし、これは政治的な問題にされてしまっているので、もし同意しなければ「トランスを殺そうとするウヨクファシストだぁ」というレッテルを貼られ、社会から排斥されてしまう。

    いつか我々はこのトレンドを振り返り、いかに非常識なことであったかを知ることだろう。そして、クソリベどもは自分達の責任を認めることも、謝罪することもないだろう。
    • heart-w オート構造セルフディフェネストレイター 活動家らが引用する思春期ブロッカーの「証明された長期安全性記録」は、思春期早発症を治療するために思春期ブロッカーを服用した子供達のものである可能性が高い。

      この新しい適応外使用法には、まったく異なる(そして現在存在しない)データセットがあることは明らかだが、製薬会社、政治、臨床実践は、人々にこの背景を無視させようと連携している。
      • heart-b 適応内使用であっても、骨粗鬆症など骨や関節の問題を引き起こすことが多いよ。
    heart-b 社会民主主義者 自分のイデオロギーに固執するあまり、それを守るため息をするように嘘を吐き、事実を捻じ曲げる「科学者」
    • heart-w タリバンからインセル呼ばわりされたことはない そして無条件に検閲する。我々全員が知っている通り、この世界のすべての真実は、人々が反対意見を耳にしないことに依存している。

    • heart-b 他のウヨクとは違うもん 科学を信じなさい

    • heart-w 科学™ 「科学™」

    heart-b 反資本主義聖戦士 特に若者の間で劇的に増加しているさまざまなジェンダー表現の根本的な原因が何なのかを真剣に問うべき。一生を左右する可能性のない、他の非侵略的な治療法を模索することもできるだろう。

    しかし問題なのは、カネ儲けがこの問題のすべてだということだ。資金源として使われる金と、将来の収入源に投資される金。そして、子供達にこの種の治療を推し進めようとする美徳シグナリング連中。

    heart-b アメリカ的社会主義 トランス活動家がトランス医療を支持するために持ち出す研究は、母集団が信じられないほど小さく、研究の質も低い。これが十分に研究されていない理由は、自分の研究で「間違った」結論を出すことで受ける反発だ。科学界の人々は、この問題に取り組んで攻撃されることを恐れている。

    heart-b 自殺を問題視するのであれば、原因はトランスであることではなく、トランスであると特定された人々の多くが抱える併存疾患(個人的な意見では、彼らはそれらが原因でトランスを自認するようになる可能性が高い)に目を向けるべきだよ。
    • heart-w 自閉症、幼少期のトラウマ、母親の精神病歴、同性愛の可能性、SNSに費やす時間などだよね。彼らに必要なのは免許を持ったセラピストであって、活動家ではない。
    heart-b 反資本主義聖戦士 理解できない。もし彼らが鬱病なら、ホルモン療法ではなく、抗鬱薬(衒学的だが、言いたいことはわかるだろう)で治療すべきでは? これに先立って、トランスの子供を専門とする精神科医に相談したの?
    • heart-w お前は本物の左翼じゃない 今問題になっているのは、トランスの子供を専門に扱い、科学的な厳密さをもって治療する精神科医を見つけることの難しさ。これはアファーマティブ(肯定)モデルと呼ばれている。一部の国はこれを禁止し始めている(スウェーデン、フランス、イギリスは試みた)。
    heart-b 歴史はこれをロボトミーのように記憶するのかね
    • heart-w 一部の国々がかつてゲイを去勢していたようにね
    heart-b 「ジェンダーアファメーション(肯定)ケア」という言葉は言語学的な欺瞞であって、皮肉でなく大真面目にこれを使っている人達を見るとイライラする。正しくは「児童・青少年の性転換」、あるいはもっと悲惨な言葉だ。ロボトミー手術を「ヒステリー治療」と呼んでいるようなものだ。
    • heart-w まるで、指摘することが許されないあからさまな矛盾でこちらを煙に巻こうとしているかのようだよね。彼らは「セックスとジェンダーとは別物でぇす」と繰り返し主張する一方で、クロスセックスホルモンや性転換手術は「ジェンダー肯定ケア」と呼んでいる。

    heart-b ド底辺白人

    > 精神医学的合併症の可能性に対処し、トランスアイデンティティの発達的病因を探るアプローチ

    臨床医が本当に望んでいるのはこれ。注意深く様子を見、人がなぜ性別違和を発症するのか、そしてそれが人生のいつから始まるのか、その根源を掘り下げるチャンスなんだよ。私もトランスと自閉症、摂食障害、強迫性障害、虐待に関連する幼少期のトラウマとの関連性を見てきた。我々は、このような処置や薬物療法に関する強固な保護措置を望んでいる。そうすることで、その薬物療法が長期的に恩恵を受ける人々に、ある程度の信頼性をもって処方できるようになるし、このような現象を引き起こす原因を研究することができる。

    heart-b > 短期的には、ジェンダー肯定ケアは、鬱病、不安、自殺の減少という点で、健康状態の改善をもたらすといういくつかの証拠がある。

    そして、実際にはそんなものを一切示していないTordoffらの研究にリンクしている。(ボーナスリンク:研究者の不誠実さを扱った保守系のソース

    heart-b 常識で考えれば、トランスを「肯定」するホルモンケアやらなんやらは同意年齢か何かに従うという、普遍的なコンセンサスがありそうなものだけどね?

    heart-b ときどきNATOファン この話題にはうんざり。クソリベどもが「『トランスの権利』が奪われている!」なんて小便を垂らしながら喚いているのに心底辟易している。これは公民権運動なんかではないし、お前はMLKなんかではない。私も含めて、大多数の人はトランスを嫌ってなどいないし、彼らに悪いことが起こるのを見たいわけでもない。しかし、私も含めて多くの人は、未成年者が思春期ブロッカーのようなものを投与されるべきではないと考えており、その背後にある報告されたケアや科学に対して極めて懐疑的である。大人になったら好きにすればいい。しかし、こんな重大なことを子供達自身が決めるなんて馬鹿げている。

    性別異和を経験することなく「自分はトランスである」と報告する子供が年々増加していることを考えると、また子供の頃に混乱したために、最終的に一生を棒に振る可能性があることを考えると、心配になる。EU諸国がブロッカーの使用中止を支持していることは、この話題がいかに重要視されているかを示している。具体的な科学的根拠はなく、すべて政治的なものであるにもかかわらず、人々はいまだに、自分達の思想に従わないものは悪魔であるかのように振る舞う。

    最近のトランスブームについて、世間が慎重で疑り深くなっていることが大問題だと思う者は、外に出て現実に触れ、ネットバブルの外に直接友達を作ったほうがよい。
    • heart-w この時代に育たなくて本当によかった。青少年期というのは、ただでさえ混乱だらけだ。それに加えて、あらゆる方向から追い打ちをかけられるなんて悪夢に違いない。思春期を迎えるまで、私は女の子にまったく興味がなかった。もしこれが現代だったら、私はゲイのレッテルを貼られていただろう。しかし、思春期を迎えたとたん、女性に強い魅力を感じるようになった。思春期はかなり重要だ。そうでないなどと訴えるのは妄想だよ。

    • heart-b アメリカの高校生の4分の1がLGBTを名乗ってるんだってさ。こんなに数が多いのは、嘘を吐いてるから。

      • heart-b 今はLGBT「Q」のお陰で、ちょっとしたフェチとかでも「クィア」を名乗れるようになってしまったからだよ。Z世代はアイデンティティオリンピックに乗り遅れまいと、なにか自分の特別さをアピールするためにこういうのにしがみついている。別に同性愛者とかトランスが実際に増えているということではないよ。

      • heart-b 今はLGBTがトレンドでオシャレってことにされてるからね
        • heart-w 左寄り ケイティ・ペリーの歌のせいで、高校の同級生の女の子の半分くらいが突然「バイセクシャル」を名乗り始めたっけ。昔からあることだけど、社会の対応がどんどん悪くなってる。当時は「ちげーよ」で終わった話だけど、今は全力で肯定して祝福してやらないといけないという恐ろしい同調圧力がある。
    heart-b メディアが、イベルメクチンを「馬の駆虫薬」と呼び続けておきながら、化学的去勢薬を(承認されていない用途であるにもかかわらず)「思春期ブロッカー」なんて呼んでいるのは妙だねえ
    • heart-w 医者は子宮内膜症の女性にルプロンを使いたがらないよ。これは絶対的な最終手段で、その場合でも、養子縁組をするか、子宮部分切除術を受けて子供を作らないことを勧める。ルプロンは実子を望む場合にのみ使われるが、子宮内膜症とルプロンの治療では、ほぼ不妊になるという現実がある。ルプロンは、子供ができないことに精神的に耐えられず、偽りの希望のために子宮を体内に必要とする女性のためのものでしかない。

      ソース:私は子宮内膜症だけど、避妊薬でコントロールできている。BMIが25以下であれば、避妊薬を使い続けることができる。35歳以上で太りすぎの私が避妊薬を服用するのは危険なので、主治医と前述のような話をした。

    • heart-b 「思春期ブロッカー」の方がよほどメンゲレっぽいけどね。人間の発育に不可欠な段階を阻害する薬物を使って、準大人の子供を作り、将来的にその子供がより異性に近付けるようにする。それが危険なほど非倫理的であることに、人々が即座に気付かないということに当惑する。

    • heart-w ウイルスに駆虫薬を使うのはそもそも馬鹿げた考えだけどね。
      • heart-b 心臓の薬を勃起薬として使うのは?
    heart-b トランスイデオロギーが一切反論を許さないというのも問題だよね。
    • heart-w つい先日、かなりメインストリームのフォーラムで、「思春期ブロッカーを子供に与えるのは不道徳だ」と言っただけで「トランスサベツのクソ野郎」呼ばわりされた。

    • heart-b 「思春期ブロッカーが性別違和の適切な治療法であるということに、すべての医学専門家や臨床医が同意しているわけではない」と書いただけなのに投稿禁止になったよ。
      • heart-b なぜか彼らの脳内では、その意見は「全てのクィアをまとめて処刑せよ」と聞こえるらしいからね

    • heart-w 「暴力歴のあるトランス女性を女性刑務所に収容すべきではない」だろうと提案したら、私も「トランスサベツ、TERF」と呼ばれた。以前はトランス問題にあまり関心がなかったけど、お陰様で超熱心になったよ!
      LGBTタグで過去記事あり。この左の女性が、右の自称トランス女性(未工事の殺人犯と強姦犯)と同じ刑務所に収監されたホラー体験など。一部の人々が「トランスの権利」推進に傾注するあまり、生物学的女性が安心して暮らす権利が脅かされている。英国には女性刑務所に入るため突如トランスを名乗りだす男性犯罪者がちらほら存在するとのこと。
      transvrouwen

    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    NYP: 妊婦は十月十日走り続ける持久系アスリートみたいなもんであるとの研究

    妊娠初期の絶え間ない吐き気や不快な胃腸症状、頭痛や眩暈、著しい倦怠感と注意散漫などは多くの女性が訴える、非常に辛い症状です。しかしこれらは目に見えないがゆえに共感を得づらく、体調が悪いからとむっつりしていたり、作業効率が落ちたり、強烈な眠気に負けて眠ったりすると、理解のない配偶者や(特に自分や配偶者に妊娠の経験がない)同僚・上司からチクチク言われる女性もいるようです。わたしなんかもともと体力オバケなうえほぼ無症状でしたが、それでも初期は疲労感がヤバくてあらゆる人に甘えまくって何とか生きてたので、つわりの重い人、特に周囲の理解や協力がない人はさぞ大変だろうと思います。

    最近読んだやつ、イギリスで8か月の妊婦がバスの優先席(ガラ空き)に座ってたら、後から乗ってきた夫婦に「妊娠は病気じゃないでしょ! 一体何なのあなたは!」と散々イジメ倒されたという話もそのうち。

    本記事は、このような状態や社会の無理解に耐えながら、涼しい顔して男性と同じように働かざるを得ない女性の本音や、ハード面(経済的事情)のみならずソフト面(お体裁、社会的な圧力)である意味彼女達にそれを強いているフェミニズムへの不満を取り上げたものです。


    なお、以前日本語版Googleで「つわり」って入れてみたら候補に「つわり 日本人だけ」って出てきて、ハァ? と驚愕したことがあります。日本人だけが特殊で他人種の女性は苦しまないと思っているのか、あるいは「日本の女はつわりとか言い訳を言って甘えている。海外の女性は~」とか思っている出羽守系日本人が多いのか知りませんが、妊娠の仕組みへの理解が貧相すぎると思います。

    下のコメントエリアにもある通り、欧米の場合「弱味を見せてはならない」という思い込みから、辛いのにこれを無理矢理隠して健康な女性や男性と張り合おうとする妊婦が若干多いということは実際にあるかもしれませんが、そんな不健全な痩せ我慢は誰の得にもならず、美徳でもなければ生産的でもありません。

    heart-b

    新渡戸稲造が『武士道』で欧米と日本とを比較して指摘してましたが、男女平等/同権とは法の前に男女が対等であるという意味であって、現実に厳然と存在する男女の生物学的性差を無視せよという意味ではありません欧米の現代フェミニズム(特に一昔前の、いわゆる白人資本主義フェミニズム)には、女性に「あなたは強い。あなたは勇敢だ。あなたは戦士だ。男性に負けない(←と男性への対抗意識を煽ってけしかける)、何でもできるスーパーウーマンだ」とか寝言を言い聞かせて鞭打ち、そもそも男性だけを念頭に設計された社会を再設計するのでなく、これに女性を無理矢理適合させる(そして男性経営者の下女として使い潰す)ことを女性のエンパワーメントだの男女平等だのだと信じている向きが多いです。この圧力が、月経、妊娠出産、閉経と絶え間ないホルモン変動や不調と戦う女性に重い負担を強いており、若年女性がどんどん増していく重負担にうんざりし始めているという話を何度か取り上げています。下記参照。

    上記の根本的な欧米的男社会脳に関して何度か貼ってますが、日本には生理の重い女性をいたわる「生理休暇」という非常に先進的でフェミニストな制度があったのに、戦後GHQが「男女平等」を理由にこれを廃止させようとし、日本の女性活動家らの奮闘でこれを退けたという話があります。今や、アメリカの女性が逆に「生理休暇」普及の必要性を訴えるようになっています。(PMS/PMDD対策として提案される経口避妊薬/ピルは体を妊娠状態にしておくものなので、血栓リスクの他しばしば心身の不快な副作用を伴い、さらに費用は女性持ち。またピルはもともと米国で男性向けに開発されたが、男性が副作用に耐えかねて女性に飲ませるようになったものらしく、フェミニズムもクソもない。過去記事あり)

    なお一部欧米圏の女性には、上記の非科学的フェミニズムの影響で「女は男と対等に戦える、強いスーパーウーマンでなければならない」という圧力から、閉経に関する心身の不調を男性から隠そうとしたり、そもそも閉経の存在すら否定したりしようとする風潮がありますが、これもまた女性にとって非常に優しくない、男性中心主義の内面化です。特に後者のような地域では、最近になってようやく「閉経あるもん! ウソじゃないもん!」とあたかも神話的生物を発見したかのように訴える動きが出てきており、例えば英国のGuardianは数年前からこれに関する記事を定期的に掲載するようになっています。

    関連過去記事
    • 女医の高齢不妊化問題 ←男性社会に無理矢理女性を合わせさせようとすることの弊害の好例で、女性の医学生や医師の流産・早産・死産・(高齢化による)不妊率は有意に高い。特に産婦人科は女性が多い+激務なのでそういう話が多く、反復流産はもちろん、自分が流産真っ最中でドバドバ出血しながら患者の分娩にあたったという地獄みたいな話も聞いたことがある
    2eb237a3fe8af4896decf2ad473ebd04
    働くアメリカ人妊婦さん

    つわりが本当に、本当に辛い。死にそう。眩暈、空腹、吐き気、骨盤帯痛、腰痛、足のむくみ、頻尿、夜間の睡眠不足。今妊娠7週で、毎日泣きながら吐いてる。何も食べられない。UnisomとB6の組み合わせはよく勧められているけど、何の役にも立たない。あと性欲が完全に消滅した。

    優しい旦那さんに「働かなくていいよ。家でゆっくりして、体を大切にしてね」って言ってもらえて、家事も手伝ってもらえる専業妊婦がマジで死ぬほど羨ましい。働かなくて済むものなら、私だって家で寝ていたい。出勤中も、仕事中も、1分でも残業があるときも、帰宅して家事をしている間も、夫に「寝すぎ」とブツクサ言われている間も、毎日泣きたい。仕事に行くことを考えただけで不安発作が起きるようになってしまった。

    今働いている法律事務所は信じられないほど待遇がよくて、産休を12週間ももらえる(ほとんどは無給)んだけど
    ※、生まれてくる息子と産休が明けたらもう一緒にいられないことを考え、ほとんど毎日のように泣き崩れている。
     ※関連過去記事:アメリカの産休育休制度が鬼畜だと話題

    学生ローンがなければ数年休職して専業主婦になることもできたかもしれない。赤ちゃんを保育園に預けたくないし、仮に預けたくても近所に空きがある保育園が見つからない。

    また、休職することがキャリアに及ぼす影響も怖い。法務分野が母親に対していかに冷酷かはよく知っている。休めば呪われ、休まなければ呪われるような気がしている。

    広告

    heart-b 妊娠自体がフルタイムの重労働なのに、それに加えて笑顔で男並みに働いて家事もやれとか、西洋は本当に女に冷たい。

    heart-b 「女性は強いので、妊娠中でも男性と同じように働けまぁす」なんて男を説得したフェミオバサンたち、マジで頭おかしいよな
    • heart-w 資本主義の犬。女の敵

    • heart-w そういう人達はつわりがめちゃくちゃ軽かったか、そもそも妊娠の経験がないか、「自分は我慢したんだから後の世代も苦しみなさいよ!」って考えなんだと思う

    • heart-b 普段言いにくいけど、フェミニズムのせいで、女性特有の身体的な問題に弱音を吐けない風潮になってしまったよね。

    • heart-w 本当に息してるだけで辛いのに、「妊娠したからって働かないなんてずるい。怠けるな。男女平等社会だろ」とか言ってくる頭の悪い男もいるし。私の元亭主とか。しかも妊娠中に浮気されて、「お前が冷たくなったせいだ」とか私のせいにされたし。
      • heart-b ゴミと別れられてよかったね

      • heart-b 妊娠中の浮気多すぎ。男が幼稚なんだろうね

    heart-b こういうスレって必ず「じゃあ妊娠するなよ」ってフェミやインセルが出てくるけど、そういう話してるんじゃないからね

    heart-b 元バリキャリだけど、妊娠してから仕事とかマジでどうでもよくなった。赤ちゃんの成長だけが大事。働かなくてよければ秒で辞めてる。とにかく手抜きを頑張ってる。みんな手抜きでいこう

    heart-b 5年目の弁護士で初めての妊娠(20週)だけど、同じ気持ち。毎日働くのが恐ろしいし、夜遅くまで働くのが本当に辛い。毎日10時間以上働きながら、どうやったらいい母親をやれるのか想像できない。赤ちゃんが生まれたら専業主婦になりたいけど、今の生活水準を維持するためには働き続けなければならないような気もしている。この職業は母親に優しくない気がするけど、履歴書に空白期間がある方がさらに悪いような気もしている。
    • heart-w 空白期間を育児期間で埋められたらいいのに。育児は命を守り育むという、親がやる仕事で一番大変なものだし。
    heart-b 今6週だけど吐き気が毎日辛くて死にたい。働きたくないっていうか働けないけど、働かないと世間の目が冷たいから体に鞭打って出勤だけしてる。でもほぼ置物と変わらない。
    • heart-w 細胞レベルでへとへとになるよね

    • heart-w 肩凝りがヤバくて首から上取っちゃいたい

    • heart-w 実際に妊娠を経験してみて、産休は陽性が出た瞬間始まるべきだと本気で思うようになった

    • heart-w 初期は完全に役立たずだった。一日2回昼寝をしてたし、まったく集中できなかったし、やらかしばっかりしていたので、8週で上司に言わなければならなかった。

    • heart-w 私はクビになった。眩暈、吐き気、嘔吐、脱力感で機能できなかったから。
      米国には妊産婦を守る法律がほぼなかったらしく、10年の権利運動を経てようやく2023年、妊娠に関連した諸病状に対応する便宜を雇用主は図らねばならないという「画期的な」Pregnant Workers Fairness Actというものが発効して話題に。

    • heart-w 一応在宅で働いているけど、ほぼ寝て吐いて寝てるだけ。人間として機能できない。

    • heart-w 体温が高くて夜眠れない分、職場のデスクや帰宅後にずっと寝てる

    • heart-w 私は専業主婦をやらせてもらえてるからほんと助かってる。

    • heart-w 私も専業主婦になった。食事すら作れないのに、一日働くとかほんと無理

    • heart-w 仕事辞めて家で過ごせるようになってから本当に楽。妊婦はみんな働かなくて済んだらいいのにね。

    • heart-w デスクで苦しんで、トイレで吐こうとするけど何も出てこないを繰り返して一日が終わる

    • heart-w 妊娠してからミスがものすごく増えたし、気力も体力も消滅した。肉体労働ですらないのに、半日でへとへとになる。

    • heart-w 在宅だったけど、それでも辛すぎて何日も病休取った

    • heart-b 男が妊娠中に働かなきゃいけなかったら、「陽性反応が出たらすぐに妊娠休暇に入りましょうね」という社会になってるのは間違いない。
      私は運よく在宅で働くことができているけど、昼寝があっても、16週[多くの人はつわりとか終わってる段階]でも、まだ思うように仕事ができない。

    • heart-w とにかく耐えながらショウガ飴を舐めるだけの毎日

    • heart-w 教師。妊娠初期は吐き気に加えて眩暈がヤバかった。職業柄もともと疲弊していたけど、妊娠で完全に体力が枯渇した。復職なんかできるとは思えない。

    • heart-w わかる。私なんか2分休みたいがために、職場のトイレによく倒れてた。汚いとか言ってられない。中期になったらずっとマシになった。

    • heart-w 職場で眠るようになってしまったので、早めに上司に言った。仕事に行く、帰宅する、寝る、夕食を食べる、寝る、の繰り返しだった。初期は本当に辛い。

    • heart-w 立ち仕事だけど眠すぎてぶっ倒れそうになって危ない

    • heart-w 私は働かなかった。医者に勧められて、一時的な障害者扱いで6週間休暇を取った。

    • heart-w 妊娠中の妻が常にへとへとなのを知っているから、妊娠中の同僚を見て同情する。自分には絶対に耐えられない

    • heart-w もう中期だけど、ゴミ箱の横で一日中寝てたい。家からでもできる仕事なのに出勤を強いられるしふざけてる

    • heart-w 後期の方が辛いよ。そもそも働きたくない。8週間くらい、ひたすら食事とエンタメだけで過ごしたい。

    • heart-w もうすぐ後期だけどいつも不快感があるし、吐きたいし、毎日職場で泣いてる。一日中寝てたいし、スウェットパンツから着替えたくない。
    heart-b ほとんどの女性が、妊娠による体調不良を必死に隠さなければならないことに腹が立つ。「職場でつわりを隠す11のスマートな方法」みたいな見出しの記事が死ぬほどある。女性が黙って苦しみ、それを押し隠して笑顔で働かなければならないなんて、私達の社会は壊れていると思う。

    どんな解決策があるのかわからないけど、例えば個人情報保護法で、女性が上司に報告しても罰則がないようにし、上司が仕事の軽減を講じなければならないとか、有給のまま病気休暇を延長できるようにするとか、そういうこと以外にはないと思う。
    • heart-w ほんとそれ。つわりで苦しいのに笑顔でフルタイムで働かされて、家事も全部やらされて、ガキみたいな亭主の世話までやらされて、もう本当にうんざり

    • heart-b 職場でバレて噂になるのが怖くて、物陰に隠れてこそこそ吐いたり大変だった。

    広告
    heart-b 妊娠するといろいろ薬飲めなくなるしね。私はADHDの薬を全部やめろと指示された
    なおADHD治療薬への出生前曝露群と非曝露群で子供の発達障害の発生率に有意差はなかったという最近の研究
    https://www.nature.com/articles/s41380-023-01992-6
    • heart-w ナルコレプシー[日中強烈な眠気に襲われる睡眠調節障害]で唯一相性のいい薬が妊娠中に飲めないやつだった。辛い
    heart-b 専業主婦になってから、一日14時間眠れるようになってだいぶ楽。でも「妊娠したから専業になった」って言うと、兼業やフェミから大量の低評価と攻撃的なコメントが来るから気を付けてる
    • heart-b それに低評価付ける「フェミニスト」は女性の味方じゃないよ。お大事にね。

    • heart-w 嫉妬だと思う。私も働かざるを得ないから28週で働いているけど、本気で専業が羨ましい。産後も自分でゆっくり赤ちゃんの面倒見られるわけだし。

    • heart-w 妊娠中に働かなくていい人マジで羨ましい
    heart-b まあ妊娠してなくても働きたくないけどさ
    • heart-b わかる。元々仕事が大嫌いだったけど、妊娠してからますます嫌いになった。イライラして、職場の誰とも接触したくない。これに耐えてるだけで体力を全消耗する。

    • heart-w 私は自分の仕事大好きだったし自慢だと思ってたけど、妊娠したら本気でどうでもよくなった。夫も理解してくれているし、復職する気はない。

    • heart-b 10週で「妊娠中に働く」とかふざけてると気付いた。
    heart-b 妊娠初期の労働は違法化すべき。
    • heart-b 妊娠中の労働自体違法化すべき。妊娠中でも元気な人もいるんだろうけど、私は違う
      • heart-b 義務化はしなくていいけど、妊娠中は働かなくてもいい選択肢が誰にでもあるのが理想の世界だよね

    • heart-w わかる。18週まで本当に具合が悪かったけど、誰も配慮してくれなかったどころか、私が気分不調で疲れているのでみんな怒って、何度もクビにすると脅された。その間ずっと泣いていて、22週で耐え切れなくなって辞めた。なおカナダ
    heart-b 妊婦になってみて、アメリカの女性への冷酷さに憤激している。妊婦のためのリソースなんてほぼゼロだし、「嫌なら辞めろ」がデフォルトの態度
    • heart-w 私も、アメリカで妊娠して初めて怒れるフェミニストになった

    • heart-b アメリカは本当にひどい。産休は無給でほんの2週間なんて話も聞くけど、お産でボロボロになった体を癒して新生児と愛着を形成できる期間が2週間? 頭おかしいし悲惨すぎる。

    • heart-w スタッフも上司も、私には仕事をやらせることしか考えてなくて、理解とか気遣いとか皆無。食事も喉を通らない状態で、救急処置室から働かなきゃいけなかったことすらある。

    • heart-w 私は産休・育休合わせて6週間を有給で貰えるけど、こんなお粗末なのでもアメリカでは「すごく幸運だ」ということにされる。男性なんか育休も産休も手当ても何もない。セクシストだよね!

    • heart-w 米国政府「苦しめ。ありがたいと思え」
      • heart-b 実際、そもそもアメリカの建国者の清教徒って「苦しまなきゃ天国に行けない」って本気で信じてた過激派だからね

    • heart-w 州にもよる。カリフォルニアなんかはわりとマシ
    heart-b いつまでも続くもんじゃないと思って耐えるしかない。子育ても大変だけど、妊娠中の辛さなんかきれいに忘れちゃって、また産みたいって思うくらい幸せだよ
    • heart-w うちの国では、産後数週間で子供を保育所に放り込んで、子育てもさせてもらえず産褥パッド着けたまま働かなきゃいけないんですよ
    heart-b 「妊婦はぶっ倒れるまで働け」というのは欧米特有の問題だと思う。私はオーストラリアに住んでるんだけど滅茶苦茶辛くて、9週で仕事を辞めようと思ってる。私はバルカン半島出身で、故郷の友達から「妊娠休暇を取ればいいじゃん」と言われるんだけど、ここにはそんなもんないし!
    • heart-w かわいそう。私はオーストラリア人だけど、この国は妊娠中の女性に一切手を差し伸べてくれないよね!

    heart-b 自分を責めず、食べられるものを食べ、眠りたければ18時に寝て、一日中泣けばいい。みんなに「食べ物のにおいが無理」と言おう。妊娠初期は本当に大変で、毎日が狂気や脱水症状との戦い。

    スーパーウーマンになろうとなんかしなくていい。自分の体の声に耳を傾けよう。お大事に。


    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村 妊婦に厳しい

    IMG_7393_jpg
    超肉食国家スペインにあった、奇跡の準ベジタリアン対応レストラン。
    なおわたくしは申し訳ないけど魚、卵、乳製品等は頂くペスケタリアン
    ヴィーガン社会主義者さん

    なぜヴィーガンはこんなに嫌われ、「迷惑」と言われるんだろう?

    ネットを見ていると、みんな犬や猫がちょっとでも不快な思いをしている様子にはものすごく腹を立てるわりに、愛くるしい家畜(猫や犬ではない)動物についてのコメントでは必ず、自分達がこれまで通りに肉を食べ続けたいからと、「これらの動物は感覚を持たない」と必死に自分を欺こうとしているように感じる。

    私は誰かに肉食をやめるよう説得しようとしてこれを投稿しているわけではない。ただ、「ヴィーガンがあんなにウザくなければ、私だってヴィーガンになるんだけどなあ」という言い訳があまりにも一般的であることに驚いている。私は、この「迷惑なヴィーガン」というステレオタイプもまた、人々が動物を植物以上のものとして見、肉食から遠ざかることを恐れているがゆえの言い訳だと思う。

    広告
    heart-b おそらくネットに常駐している、声のデカいごく少数の過激派ヴィーガンのせいだと思う。ほとんどのヴィーガンやベジタリアンはマトモだよ。

    私はこれらの動物が尊敬に値する、思考し、感情を持つ生き物であることを十分に理解している。牛は思いやりがあって社交的だし、豚は賢い。馬や鶏は愚かな獣だが、彼らも尊敬に値すると思う。ロバやラバもけっこう賢い。それでも私は、彼らの労働力を利用したり、食べたりすることには何の問題もないと思うが、どちらもしなくて済むのが理想的な世界ではあるよね。
    • heart-w ヴィーガンはできる限り苦しみを減らそうとしている点で尊敬に値すると思う。迷惑な人はどこにでもいるよ。肉食者に嫌がらせをするヴィーガンもいるが、ヴィーガンの食やライフスタイルを馬鹿にする人もいるし。
      • heart-b ユダヤ教のアプローチはいいと思う。豚肉はコーシャではないが、飢えていて食べられるものが豚肉しかない場合には食べてもよい。必要以上の苦しみを与えないようにすべきだが、誰かを傷つけずに生きることは不可能である。

        ヴィーガンの主張は、電子機器の使用にも適用できる。これらの機器は、地獄のような工場で、児童奴隷によって採掘された材料を使い、自殺防止ネットを張り巡らせた環境で製造されている
        [←中国のiPhone工場でかつて投身自殺が相次いだ。しかし、それでも私達は電子機器を使用し、多くの人は電子機器が必需品であるとさえ言う。同じことが資本主義全体や利益収奪にも当てはまる。ほとんどの人は、私達が苦しみの上に成り立っている社会に生きているという事実を直視したくないので、「完全菜食主義者、環境保護主義者、社会主義者は迷惑な連中だ、あるいは偽善者だ」と言う。なぜならほとんどの人にとって、この世界全体が血に染まっているという事実を直視することは苦痛であり、困難だからだ。
        • heart-w いい指摘だと思う。多くの人(私も含めて)にとって、これを突き詰めてしまうと、あらゆることが何らかの形で悪であるという滑り坂に行き着くことになる。こうなるともはや、普通の(現代的な)生活を送りたいのであれば、何かが悪である/苦しみにつながるという事実だけでは、もはや禁欲するに足る理由ではなくなってしまう。その結果、部分的に恣意的な、あるいはもっと傲慢で問題のある道徳的な基準を作ることになっている。

    heart-b Redditの r/caninecuisine という板は、犬と畜産動物とのダブスタに異議を唱えるために作られた。しかし管理者らが気分を害したようで、この板は禁止された。

    Redditユーザー「あらかわいい子豚。いいベーコンになりそうでちゅね🐷🥓🥓🥓」

    同じRedditユーザー「わんこを怖がらせるようなことをしたら、てめえの金玉を天井の扇風機から吊るすぞ」

    豚はヒトの3歳児以上にあたる認知能力を持ち、表情豊かで愛情深く、屠殺されるときには凄絶な悲鳴を上げる。劣悪な環境で飼育され、恐怖と苦痛とともに惨殺される動物達の肉の大半は結局、ただのゴミとして捨てられる。国別の一人あたり食品廃棄量(kg)

     
    ↓フロリダ州知事ロン・デサンティス、畜肉業者を守るため「我々の牛肉を守り、シャーレや虫から作った肉を強要しようとするグローバルエリートの権威主義的な計画から世界を守る」とか、まあ彼の支持層が聞きたいであろう妄想的なことを喚きたて、倫理的な培養肉を禁止。アラバマ、アリゾナ、テネシーでも同じ動き。

    彼らにとっては↓このような工場式畜産で生産される肉が「より自然、安全、倫理的」ということらしい。
    7mhqvgtdy8yc1
    heart-b ヴィーガンの評判を悪くしているのは、非常に声の大きい少数派。食料品店に行ってメガホンで叫ぶ人達、肉屋を破壊する人達、肉食者であることを理由に他人を辱めようとする人達。

    個人的に実際に出会ったヴィーガンの人達はみんなマトモ。
    他にも皮革製品を身に着けている人にいきなり蹴りかかったりそれらを剥ぎ取ろうとしたりする、肉屋に赤い塗料を撒き散らす、スーパーで肉を買う人々を口汚く罵る、健康上の理由から肉食を再開した人を魔女狩りするなど、ネットで極端に攻撃的な変態が紹介され、偏見を補強している。
    • heart-w あなたの書き方だと嫌われているのは過激派だけみたいだけど、実際には「ヴィーガンです」って明かしただけでヴィーガンの悪口を聞かされるくらいにヘイトがひどい。もはや、ヴィーガニズムに言及すること自体が嫌われているのであって、他人に偽の血をかけたり、マクドナルドで寝転がってデモをしたりすることだけが嫌がられているのではないよ。
      • heart-b もちろん、自分達のライフスタイルと異なるものをすべてを嫌う人たちもいるだろうけど、一般的に言って、過激なイデオロギーを持つ人々は、そのイデオロギーを共有する他の穏健な人々に悪評を与えるものだよ。宗教、環境保護主義、保守主義などでも同じことが起きているよね。

    heart-b 私はヴィーガンではないが、彼ら(ヴィーガンを嫌う人々)は、地球規模の気候変動を「認める」ことで優越感と知性を感じたい、自分の犬を愛することで優越感と共感を感じたい(なんてハードルが低いのだろう)、それなのに、彼らは弱すぎて肉食を立つことができない。だから、「ヴィーガンは頭がおかしいのだ」ということにする。

    確か認知的不協和とか呼ばれるものではなかったかな。要するにみんな、何の努力もせず、自分は善人であるという「報酬」を残らずもらいたいんだよ。

    heart-b 私自身は、2人のベジタリアンの家族と数人のヴィーガンの友人とともに育ったけど、その誰一人として、私や他の人達に、「あれを食え、これを食うな」と指図をしたりはしなかった。まともな人ならそうだろう。私は数年前まで「キチガイヴィーガン」達の存在すら知らなかった。

    インターネット上で活動するヴィーガンは少し違う。彼らは皆、毎回同じような説得力のないたわごとを繰り返す。彼らのすべての主張は、家畜奴隷制度やホロコースト(そしておそらく女性の権利)との比較にまで発展する。この層は正直言って、福音派の人々を思い出させる。

    ヴィーガンとの接触がYouTubeのコメント欄やRedditだけという人なら、迷惑な連中だと思うのも理解できる。

    heart-b ヴィーガンになりたいけど、筋肉をつけたいし、ベーコンが好きすぎるのでできずにいる。実際、家畜は賢くて感情的な生き物だと思うし、家畜を食べることに抵抗はないが、家畜をモノみたいに扱うのはやめ、屋外で飼育することは必要だと思う。
    • heart-w ヴィーガンで体鍛えてるけど、おいしいプロテインパウダーとかあるよ。
    heart-b 肉食男性 ヴィーガンは偉そうだし変な優越感があるから
    • heart-w 5年間ベジタリアンをやって、モテたいから筋肉を付けるためまた肉を食べ始めた者だけど。

      ヴィーガン/ベジタリアンが、自分が肉や動物性食品を食べないことがいかに素晴らしいかを滔々と語るよりも、「ヴィーガン/ベジタリアンは偉そうだ」と肉食者がブツクサ言う文句を聞くほうがはるかに多い。というか、前者は聞いたことすらない。

    • heart-b それはどのグループでも同じじゃん
      • heart-b 肉食男性 ヴィーガンは特にひどいだろ(-2)
        • heart-b ヴィーガンについては確証バイアスがあると思う。

          個人的には、例え一部のヴィーガンが迷惑であったとしても、工場式畜産や地球温暖化を減らそうという彼らのイデオロギーは真剣に受け止めるべきだと思う。

          例えば、ヴィーガンがランダムな投稿に自分の考えをしつこく投稿することと、反ヴィーガンがかわいらしい豚の投稿に 「ベーコン🥓🥓🥓」としつこく投稿することとに違いはない。
    heart-b 肉食女性 偉そうで独善的だから。カルトみたい。

    私は好きなものを食べるよ。あなたも好きなものを食べなさいよ。(-2)
    • heart-w 動物の大量死や苦痛を引き起こす産業の需要を減らすために動物製品を食べない=カルトなの??? そんな認知的不協和を抱えて生きるのは辛いだろうね

    • heart-w 「ウザい」人がいるからといって、そのイデオロギー自体を嫌うというのは理解できない。「ウザい」連中がいるからといって、動物虐待や地球温暖化に対する不満が帳消しになるわけではない。
      • heart-b 肉食女性 あなたのカルトイデオロギーになんか興味ない。私がそれを好かなければならない理由もないし、聞く必要もない。

        とにかく他人のことは放っておいて、勝手に好きなものを食べればいいじゃん。

        あなたは自分のウザさを証明してるようなものだよね。(-1)
        • heart-w あなたに肉食をやめろなんて言っていないけど? 自分の迷惑さを証明しているのはあなたの方だ。動物虐待や地球温暖化を持ち出すことさえ、あなたにとっては「ウザい」ことだそうだから。「カルト的な」人の数は、どのイデオロギーでも変わらないよ。
          • heart-b 肉食女性 私が何を食べるかについて、あなたの意見なんかはじめから求めてない。あなたが私のことをウザいと思おうと気にしない。

            あなたやあなたのイデオロギーなんてどうでもいい。あなたから二度とコメントが来なければそれでいい。

            存分にそのカルトを楽しんでください。(-1)
            • heart-w そもそもあなたが何を食べるかについて、私は何の意見も述べていない。あなたはずいぶん偉そうに聞こえる。こちらこそあなたからのコメントは遠慮したい。

            • heart-w このやりとりを全部読み直してみなよ。上の人は一度も、あなたが何を食べるべきかについて意見したり、食事スタイルの変更を勧めたりしていないよ。
    heart-b 根拠:お前の投稿。正直、これはヴィーガンを中傷するための投稿にすら思える。ほんとウザい。
    • heart-w あなたにとって、ヴィーガンがヴィーガニズムについて説教することは、非ヴィーガンがヴィーガンの食生活を馬鹿にすることよりも悪いか?

      私にとってはどちらも悪いことだが、この確証バイアスのせいで、人々はヴィーガンだけを迷惑なグループとみなしている。

    広告





    ブログランキング・にほんブログ村へ

    PCファニーズ!アンチPC翻訳まとめサイト - にほんブログ村

    このページのトップヘ